ムクナ豆の生産・販売 「生涯健康」を目指して。

ムクナという名称は学名に基づくブラジルでの呼び名で、日本では「八升豆」という名で、江戸時代までは西日本を中心に各地で栽培されていました。「那須ムクナ豆ファーム」では、日本原産の「八升豆」とアメリカ産「フロリダベルベットビーン」の2種類を取り扱い、総称して「ムクナ豆」と呼ぶことにしています。江戸時代を過ぎると、八升豆の栽培は廃れました。とても固い豆なので、加工に手間取ることが原因と思われます。しかし、近年、ムクナ豆に含まれるLードーパというアミノ酸の一種が現在知られている中で、最も多く含む植物であることが分かり注目を集めています。



「生涯健康」を目指して。

那須「ムクナ豆」ファームで生産するムクナ豆の販売品目と
価格をご紹介いたします。無農薬で栽培し、化学肥料は使用
しておりません。

販売品目と価格2
ムクナ豆の基礎知識と食べ方

ムクナ豆とはどのような豆なのか。人への期待される効果や
研究実績をご紹介いたします。また、様々なムクナ豆の食べ
方もご紹介いたします。

ムクナ豆の基礎知識と食べ方2
ムクナ豆生産・販売計画

生産者である私とムクナ豆との出会いと自家栽培のきっかけ、
今後の生産、販売計画などをご紹介いたします。

販売品目と価格2
那須「ムクナ豆」フォームの栽培について

那須「ムクナ豆」ファームの栽培方法は無農薬。肥料や栽培
期間、そしてムクナ豆の栽培の目的をご紹介いたします。

ムクナ豆の基礎知識と食べ方2
「生涯健康」を目指して。

私が農業を職業としたきっかけや現在の想いをまとめました。
よろしければご一読ください。

販売品目と価格2
お問い合わせはこちら
販売品目と価格
  • 販売品目と価格
  • ムクナ豆の基礎知識と食べ方
  • ムクナ豆 生産・販売計画
  • 那須「ムクナ豆」ファームの栽培について
  • 農業という職業について
  • お問い合わせ
ムクナ豆

ムクナ豆の生産・販売

那須「ムクナ豆」ファーム

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール お問い合わせ 管理人のひとり言