ログハウス・田舎暮らしへの想い

ログハウス・田舎暮らしへの想い

ログハウスとは

私がこのホームページでログハウスと表記しているのは「丸太組構法」を用いた建築物のことで、在来工法と同様の構造(軸組み)で、丸太材を柱として用い、筋交いなどで補強して建築するポストアンドビームやピーセンピースとは異なります。「丸太組構法」という言葉は昭和61年3月29日に施行された建設省告示第859号で用いられましたが、それまであまり使われることは無かったようです。丸太や角材(板ではない)を水平に積み上げ「耐力壁」を構成し、耐力壁相互の交差部で丸太材などを構造耐力上有効に組み合わせる構法のことをいいます。日本では飛鳥時代に建てられた正倉院勅封蔵の校倉造りが最も有名で、これがまさに「ログハウス」です。

ログハウスの歴史

日本では天平勝宝年間(西暦750年くらい)に正倉院が建てられたと言われていますが、小規模なものはそれよりもかなり以前から存在していたといわれています。ただし、用途としては高床式の穀倉や倉庫だったようです。その後は寺院の経蔵などとして用いられたようです。いずれにしても、木材が持つ「調湿機能」が食物や経典などの保存に適していた事が覗えます。近年では1933年に建てられた上高地の帝国ホテル(1977年に建替)が大規模な校倉建築として有名です。

なお、世界的にはヒマラヤ周辺や中国南部、シベリヤ東部、スカンジナビア半島、東ヨーロッパ、ロシア、南ドイツ、スイス、オーストリアなどに存在しており、アメリカには1638年にスウェーデン人によってもたらされたと言われています。

当時は貧しい人たちが住まう住居としてログキャビン(窓や煙突が無い、粗末な造り)と呼ばれていました。

建築基準法とログハウス

昭和61年の告示以前のログハウスは「特殊な構造方法」(在来の軸組構法と対比して)と位置づけられていた為、旧建築基準法が定める「大臣認定」を取らなくては建築が許されませんでした。(昭和45年から昭和61年までに大臣認定を取得したのは10社)

別荘地のコテージを中心にログハウスの実績が増えた事、需要が増加してきたこと、外圧による輸入促進が国の政策になった事などから、丸太組構法技術基準を定め(建設省告示)この基準を満たせば、大臣認定を必要としないで建築確認申請が出来るようにしました。その後、平成2年(1990年)適用範囲の拡大と基準の内容の合理化を図る改正が行われ、更に平成14年(2002年)5月15日、新しい「技術基準」が告示され現在に至っています。

ログハウスの特徴

■安全で安心

私の提供するログハウスはほとんどの部材が天然木で出来ているので、化学物質を原因とする人への健康被害に遭う事はありません。壁構造で建物を支えますので強度は高く、阪神大震災や北海道沖地震でも倒れたログハウスはありませんでした。また、万一火災を起こしても厚い壁の表面が燃えると炭化層を形成し、壁が燃え尽きる事はなく、さらに燃焼の際有毒ガスが発生しません。

■調湿機能をもつログ

ログハウスは呼吸する家です。湿度が高ければ、湿気を吸取り、低くなれば湿気を吐き出すことで、室内の環境を自然に守ります。また、無垢の木のみを使用しているため、シックハウスとは無関係。アレルギー体質の方にも、快適空間を約束します。

■森のにおいで癒されます

新しい木材には木の香りがあり、その香りの成分には人の心に安らぎを与え、ストレスを抑える力があるといわれています。森林浴でおなじみのフィトンチッドを暮らしの中で体験できます。私のログハウスは夫婦2人と柴犬のゴン(5歳半)1匹で、年間概ね300日間を暮らしています。日常では「香り」を感じることは余りありませんが、旅行などで数日家を空けた後に戻って、ドアを開けた瞬間フィンランドパインの心地よい香りが迎えてくれます。

この住まいは築6年ですが、貸し別荘の「山荘」「1st」などは築12年になってもこの香りが続いています。

貸し別荘のご利用者の皆さんからも「木の香りがして驚いた」という感想をいただいています。

■木の感触は優しい

木は鉄やコンクリートなどに比べ温かく、手や肌が触れる場所に好んで使われます。同じ木でもバルサや桐とナラや樫では違い、軽いものほど温く感じられます。この肌で感じる温かさを温冷感といいます。木は熱伝導率(熱は温度が高い所から低い所にへ移動する)が鉄やコンクリートなどに比べとても低い(断熱性が高い)ので、手が触れたときに手の表面温度を逃がさず暖かく感じるのです。フィンランドパインの床板は心地よいぬくもりを感じさせます。

■ログハウスの音響効果

是非、大きな声で歌って見て下さい。音楽鑑賞にも最適です。

部屋の中で音を出すと、壁面に音が当たり、その一部は壁の表面で反射し、残りは壁の中を通り抜けます。この間に一部は壁の中に吸収されます。心地よい空間、特に音楽を楽しむ部屋を得る為には適当な音の響きが大切です。この響きは残響時間で決ります。コンクリートは音をそのまま跳ね返すので、残響時間が長く、うるさく感じられます。しかし、全ての音を吸収すると余韻が残りません。これに対し、木は高い音を適度に跳ね返すので音楽を聴くだけでなく、会話もなごやかなものにする事が出来るのです。

■心地よい暖かさは保温(蓄熱)効果

二居所生活(横須賀と那須)をしていて、強く感じることは寒い那須の「家」の方が温かい横須賀の家に比べてはるかに心地よい温かさを実感できる事です。それは室温が高くなり過ぎ、熱源を切った時と、朝起きた時に顕著に感じることです。横須賀では各部屋にガスストーブかエアコンが設置されていて、部屋ごとに暖房をしています。例えばガスストーブをつければ部屋はすぐに暖まり、温度を20度に設定していても暑く感じます。しかし、それを切ったと同時に室温が下がっていくのが感じられるのです。こんな状態ですから、朝起きるときの室温は10度以下があたりまえです。

しかし、那須のログハウスは外気温がマイナス5度程度でも、朝の室温が10度以下になった事はありません。しかも熱源は基本的に2.8Kcalの石油ストーブ1つです。また、この石油ストーブ1つで一部屋だけでなく家中の室温を20度に保ちます。さらに、玄関ドアの開閉や空気を入れ替える為に窓を開けても、締めたと同時に室温が元の20度近くまで戻ります。

これは、単に断熱性が高いということでは説明できません。

魔法瓶のように気密性が高ければ、容器の断熱作用で内容物の温度を一定に保つ事ができますが、住宅ではそのような機密性はありません。このような場合は壁材料の断熱性が高いことと、壁自体の熱容量(質量x比熱)が大きなことが重要になります。

例えば、発泡スチロールは断熱性は木の3倍ですが質量はなく、コンクリートは質量はあるが断熱性は木の十分の一ということになります。ログハウスは柱を横に積み上げて壁体を構成しますから、大きな質量を持ちます。まして、M&Nのログは妻壁(三角形の壁)までログ材で造りますので、その蓄熱性は大きいのです。

■エコ住宅 -ログハウスは最も環境に優しい-

最近は地球温暖化に代表される環境に優しいというキーワードがもてはやされています。

「家」に特化しても、「植林をしている」から環境に優しいとか、高断熱だから「省エネ」で地球に優しいなどといううたい文句が毎日TVから流されています。

しかし、その住宅に使われる材料を作る為に消費されるエネルギーやそれに伴って排出されるCO2、製造過程で排出される廃棄物の処理に伴う大気・水質・土壌への影響などを考えると、素直に「なるほど」とうなずけないのです。

いわゆる「プレハブ住宅」。実は私が23年前に建てた家も大和ハウスの「メルベーユ」とうALC外壁の軽量鉄骨造りのプレハブ住宅です。この家の材料を拾って見ると、ALCは珪石、セメント、生石灰を高温高圧の蒸気養生釜で養生し板の内部に多くの気泡を発生させた水に浮く材料です。鉄骨には、土台回りに溶融亜鉛めっき版。柱やブレース、梁には塗装。

それら全てをボルトで締め付けます。内部はGWを充填した木枠フレーム。その上に12mm厚の石膏ボード。それに壁紙を貼り付けます。玄関ドアや窓・網戸・雨戸はアルミサッシや鋼板。室内ドアは合板にビニールの表面加工がしてあります。これらの材料を製造する過程でどれほどの電力や資源を使い、それに伴って発生するCO2は?

ちなみに、各種材料を製造する過程で消費するエネルギー(炭素放出量)を比較すると、鋼材・とアルミニウムと人工乾燥材では、鋼材が190倍、アルミニウムが780倍余りで、いかに木材が環境に優しいかが分かります。

さらに、製品(家)を取り壊す時やそのリサイクルを考えた場合、他の材料に比べはるかにエネルギー消費は少なく、リサイクルは容易といえます。

■国産材とフィンランドパイン

「国産材は日本の風土に合っている」といって、国産材の優秀性を強調する事があります。しかし、それは、日本人が国産材を気候風土に合わせて上手に使ってきたということであり、必ずしも外国材より優れているということではありません。同じ杉や檜でも「○○産の杉」は板材として最高とか「○○産の檜」は構造材として優れているなどと、その用途に合わせて機能が発揮できるなら、何処産であろうと外国産であろうと区別はないと思われます。明確な優劣があれば是非知りたいものです。

■ラップランドパイン

北緯66度を超える北極圏に育成する欧州アカマツをその地域名称から「ラップランドパイン」と呼ぶ事があります。

同じ欧州アカマツですが、極寒地で育成する為、年輪が細かく詰んだ「硬い」「丈夫」「貴重」な高級な「木」のように言われることもあります。ニーニコスキー氏に聞いてみると、「木が大きくならず、数量が揃わない」「材質的には変らない」「価格も変らない」と言います。また「中央フィンランドのパインが一番良いと思う」とも言っています。

そういえば、世界一のログハウスメーカのホンカも自社の山林は中央部にあり、「ここが一番」と言っています。

国産材との比較でも述べましたが、用途によってその機能が充分担保されれば、木の優劣を取り立てて強調する事は無い様に思います。(無論、M&Nのフィンランドパインは年輪も密で割れも少ない優れものです)

以上の観点から見るとログハウスという「家」は、ほとんどが天然素材である「木」で出来ているのですから、これほど環境に優しい「優等生」はありません。

終の棲家は自分で作る

これまでに販売した60棟余の買主の方達は50歳代から60歳代がその多くを占めています。

子育てが一段落し、夫婦のこれからの人生をどう歩むかと考えた時に、これまでとは「違う生き方」をして見よう。


都会から田舎へ

スピーディーからスローへ

便利さから少し不自由へ

騒音から静寂へ

物の豊かさから心の豊かさへ

作られたものから物作りへ


テーブルや棚ちょっとした家具などは作ってきたが、30坪の家となれば、事情は変わってきます。

かかる費用も大きいし、途中で投げ出すわけにはいきません。


やるか止めるか!! 決断の時です。


これまでセルフビルドやハーフセルフビルドでログハウスを建ててこられた方の多くが、はじめる前には必ず通った分岐点です。


ご自分が何のために多額の出費を伴う家造りを行うか、じっくりお考え下さい。

でも、ひょっとすると、その答えは建てた後から判るのかもしれません。

これからのお二人の生活の拠点をお二人で力を合わせて作り上げることで、新たなスタートがきれる。これまで自分を支えてくれた奥様に自分の力で作り上げた「家」という大きなプレゼントをしたい。いずれにしても「終の棲家は自分で作る」充実感は一生の中でもなかなか味わえない「醍醐味」である事は間違いありません。


-定年を迎えてから動き出すのか、それまでに準備を整えておくのか-


全て(基礎工事は除き)をご自分で造りたい方は、工事に専念できるよう「定年後」ということになります。

しかし、資金や体力は50代の方が融通が利きますし、定年後に早く「楽しみ」を満喫したいという方は、定年前に住処を確保しておくというのも良いと思います。忙しい合間を縫って通いのセルフビルドは体力も費用もかかりますが、普段の生活からはかけ離れた別世界に入れる事で「ストレス解消」は間違いありません。そして、新たな「商売」などにチャレンジするのであれば、そのための準備として住まいを確保しておく事は重要な事です。

フィンランド製ログハウスの販売・施工
  • 特徴・こだわり
  • 販売・施工実績個人輸入コーディネート実績
  • セルフビルドサポート
  • ログハウス・田舎暮らしへの想い
  • 会社案内・アクセス
  • お問い合わせ
管理人のひとり言

フィンランド製ログハウスの販売施工

M&N FINLAND LOG HOUSE

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール お問い合わせ