ムクナ豆 生産・販売計画

ムクナ豆の生産・販売計画

1.「ムクナ豆」との出会いと自家栽培のきっかけ

2014年6月のある日、いつものようにSNSの友人Mさんのブログを読んでいました。そのブログに「今日は疲れたので、
ムクナ豆を食べて元気になります」との記述があったのです。「ムクナ豆」?これまでに聞いたこともない「豆」でした。
早速、ネットで調べてみると、何やら色々な効果が期待できる、不思議な「豆」であることが分かりました。
特に、人間に必要とされる「必須アミノ酸9種類」が豊富に含まれ、脳内神経伝達物質のドーパミンの前駆体である「L-
ドーパ」が4%前後も含まれることに強い興味を覚えました。実際に食べてみたくなり、Mさんに「少し分けていただけま
すか」と連絡したところ、すぐに500gほどを送ってくださいました。
なぜ、そのような厚かましいお願いをしたかというと、その頃、妻が頚椎を痛めたことが原因と思われる、両肩、両腕のし
びれと痛みに悩まされていたのです。「ひょっとしたら、この豆で治るかもしれない」との直感でした。
届いた豆を圧力なべで煮豆にして食べてみました。味は「普通の豆」。ところが、その「効果」に大変驚きました。

それは、妻の肩と腕の痛みが食後30分ほどで「気にならない」程度に軽減したのです。
それ以後、症状が出そうになると「食べる」ことにしていましたが、妻に効果があるのなら私も「毎日食べたい」と思うよ
うになりました。そこで、送っていただいた豆を数粒庭の片隅に播いてみました。

成長したのは1本だけでしたが、その逞しい生命力には目を見張るものがありました。

数本の弦が地表を這いずり、やがて、隣接する柿の木に遭遇すると、木全体を覆いつくすほど茂りました。やがて沢山の花
が咲き、それらが全て莢となりました。しかし、この豆にとって、私の暮らす「那須」では寒すぎて、完熟前に霜にあたっ
て腐ってしまいました。

こうなると、「何とか、この那須の地での栽培を成功させたい」とのチャレンジ精神がふつふつと湧き上がり、本格的な栽
培への思いが強くなっていきました。

         

2.試験栽培でノウハウを学ぶ

2002年3月に28年務めた公務員をやめ、14年間、フィンランドからログハウスを輸入し、それを建築するという「建築業」
を生業としてきましたが、これをやめるタイミングに「ムクナ豆」と出会い、それを生産する「農業」への転身は「運命」
を感じました。
こうして、2015年春から「ムクナ豆」栽培を開始するため、2反の畑を確保し、必要となる温室(農業用ビニールハウス)
や、トラクター、棚を構成するための足場用単管パイプなどを揃えました。
栽培のノウハウを得るべく、畑の一部に間口10m×奥行30mの棚を作り、100株ほどの苗を植えました。虫に葉を食べられ
たり、アブラムシが付いたり、せっかく咲いた花が腐ったりと、事前に得た知識とは異なる現実に戸惑いながら、貴重な試
験栽培となりました。
この時の収穫は約14Kgと、大失敗でしたが翌年につながる「種」は十分確保できました。

         

3.本格栽培で採算性を確認

2016年は2反の畑全体を使い、約800株のムクナの苗を植えつけました。苗は全て、前年の試験栽培で得た自家製種を発芽
させたものです。国産「八升豆」は前年100粒程度しか収穫できませんでしたが、このうち50粒ほどが発芽し、温室で栽培
中です。その他は全てフロリダベルベットビーン(FVB)です。

昨年の失敗を繰り返さないよう、種を播く時期と植え付け時期を早めました。また、植えつける畑も幾度も耕うんし、地温
をあげて栽培を促進するため、マルチも施工しました。1つの棚の大きさを小さくし、いくつもの棚を作り、棚間に3mほど
空間を確保し、風通しや日当たりをよくしました。また、棚の形状を変えたり、設置の方向を変えて生産性の良い方法を検
証しています。

当面の目標は1株当たり「豆」500gを収穫することです。2反で1000株を植えつければ500Kgの収穫となり、米を生産す
るより数倍の収入が見込めます。

         

4.販売の開拓

ムクナ豆はL-ドーパの含有量が多く、一度に大量に食べることはできませんので、生豆は店頭販売よりもインターネット
販売が中心になると思います。しかし、豆を粉にしてサプリメントとしての販売や菓子やみそなど食品に添加するなど、L
-ドーパ量を調整できれば、より多くの用途に利用することが可能だと思います。
那須は、首都圏の「観光地」であり、多くの観光客が見込めます。その立地を生かし、「観光土産品」として売り出したい
と考えています。また、宿泊施設などで、前菜の一品としての利用なども提案していきます。

         
お問い合わせはこちら
販売品目と価格
  • 販売品目と価格
  • ムクナ豆の基礎知識と食べ方
  • ムクナ豆 生産・販売計画
  • 那須「ムクナ豆」ファームの栽培について
  • 農業という職業について
  • お問い合わせ
ムクナ豆

ムクナ豆の生産・販売

那須「ムクナ豆」ファーム

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール お問い合わせ 管理人のひとり言