管理人のひとり言

管理人のひとり言

日々の出来事を不定期で掲載しています。

2006年05月31日

復調しました!

26日の金曜日、ついに行きつけのお医者さんに行ってきました。売薬を飲みながらなんとなく優れずに過ごしていましたが、3週間近くも「いまいち」の体調に思い切りました。(別に思い切るようなことではないのですが)

6種類の薬を5日間飲みつづけた結果、本日は体調もすこぶる快調でした。朝8時から「ログキャビン山荘」の浄化槽の清掃立会い・ブロア交換・3箇所のドア調整・お掃除をこなし、午後は庭の「草むしり」、植木の植え替え、草刈(先日の積み残し分)と一気に働きました。

やはり「心身ともに健康」が一番です!!

27日はKTさんのログハウスにUBが設置されました。KTさんはご夫妻で週末に千葉県から那須まで通いながらのセルフビルドを実行中です。なかなか思い通りに進まない状況が続いており、奥様も「少し大工さんに頼んだら」などと弱気の発言も。一方、ご主人は「そんなに急がなくても2~3年でできれば上出来」とどっしりと構えています。

とはいえ、とりあえずの基本設備を整え、長期戦に備える事としました。すなわち、寝室1部屋とUBをはじめとした「水周り」を早急に完成させることにしたのです。こうしておけば、「快適なセルフビルド」を継続でき、奥様も安心です。

UBが設置されれば、水周りエリアの床張り、間仕切壁施工、電気配線工事、便器・洗面台取り付け、給排水工事、ガス配管工事、給湯器取り付けを一気に行う予定です。

6月10日にガス工事業者さんと電気屋さんが入ります。浄化槽と基本配管は基礎工事の際できていますので、給湯器と各設備の給排水工事は私もできるだけお手伝いをしたと思います。

28日に「山荘」に行った際、浄化槽のブロア(送風機)が動いていない事が判りました。これまでに2台が壊れて放置していましたので、これで3台スクラップかと思いましたが、以前、長根尾さんが「ブロアなんて壊れるわけがない!」と言い切っていたのを思い出し、分解して見ました。

すると以外にも非常に簡単な構造で、なぜ動かないかもすぐに判りました。これなら、破損した部材を手に入れれば私でも直せそうです。と、早速インターネットで「ダイアフラム」を探しだし、取り寄せました。部品一式送料込みで6000円也。

昨日、部品が届きましたので新しいものに交換。電源を入れると・・・「動きません!!」え~!!6000円が無駄か???

「本当に自分で直せるの??」と懐疑的な妻に「こんなもの簡単だよ!」と言った手前、「動かない」ではすみません。電極らしきものをあれこれ動かしているうちにようやく動き始め、ほっとしました。

買えば2~3万円(定価は5万円くらい)ですから、残りの2台も修理をしてスペアとして保管します。皆さんもご自分で挑戦して見てはいかがでしょう?(メールをいただければ、情報を差し上げます)

本日はそのブロアを山荘の浄化槽に取り付けたわけです。ブロアが壊れていれば当然浄化槽の好気性バクテリアは活動しませんからすぐに臭気が発生します。そこで、今回は合わせて清掃も行いました。

那須に来て初めて使用した「浄化槽」ですが、この清掃料金の高い事には驚きます。1立方メートルあたり約1万円です。横須賀での料金の4倍ほど(直営と許可業者の違いでしょうが)。5人槽の小型合併浄化槽の総容量は約3立方メートルですから、全量引き抜きをすれば約3万円です。

私は嫌気濾床第1槽全量と接触ばっき槽・沈殿槽の各一部を抜いてもらい1立方メートル程度にしてもらいます。浄化槽も4基保有していると、業者任せにはできません。無論維持管理も自分で行っています。

浄化槽の保守点検をご自身でやる場合には「浄化槽法」に規定する「保守点検の技術上の基準」に則り行えばOKです。


2006年05月24日

風邪のぶり返し

17日に道路わきの草刈をして「大いに汗をかいた」のがたたり、風邪を引き直してしまいました(毎年、草刈の後は風邪を引いているような気がします)。実は、横須賀に戻った日から咳が出ていて、那須に戻る頃には復調していたのです。それがぶり返し、喉は痛いし夜は咳が止まりません。

しかし、熱が余りなく、食欲が落ちませんので医者にも行かず、寝る事もせず今日まで動き回っています。

18日にはお電話をいただいたご近所のKMさんのお宅にゴンの散歩を兼ねて訪問しました。丁度奥様がハーブ園の手入れをされているところでした。那須街道沿いのセルフビルド中のTさんの現場をご友人と見学に行き、いろいろ話を聞いたそうです。結果的には予算の事もあり、ログハウスは諦めたということでしたが、お声を掛けていただいたことにとても感謝!!

帰りには、ハーブの苗を頂いて帰りました。

昨年、岐阜のひるがの高原でログを建ててくれた友人のKB氏から「建築記録」が詰まったCDが送られてきました。これまでに37棟のログハウスを販売(コーディネート)していますが、こういった記録を贈っていただけることは稀です。(セルフビルドが多い為、記録は後回しになることは、自身を顧みて当然です)

大変に貴重な資料として、今後活用させていただきます。6月には訪問したいと思っています。

19日には久しぶりに「トーカン別荘地」でセルフ5年目の長根尾さんがお見えになりました。実はお友達が兼業農家でお米を作っている為、玄米をお願いしていたのを持ってきていただいたのです。

この日は朝から雨。珈琲を飲みながらあれこれログ談義に花を咲かせました。

北海道でセルフ中(ほぼ、完成とか?)(http://www13.plala.or.jp/oonuma/をご覧下さい)の長谷川さんの奥様から電話がありました。すっかりご無沙汰していて、お話ししたのは4年ぶりでしょうか?お友達が北海道でログハウスを検討中というお話で、一昨日パンフレットなどをお送りしました。6月には那須までご友人とログ見学にお越しとか・・・楽しみにお待ちしています!!

20日午前中、TNさんがご長男と連れ立ってお越しになりました。美味しい珈琲をご一緒しながら歓談していると、携帯が鳴りました「MTですが、今那須に来ているのですが、お時間ありますか?」と。

先日ログキャビンをご利用いただき、現在土地を探していられるMTさんでした。横須賀滞在中の13日にも那須で土地見学ツアーに参加されていたはずですが、2週続けてお見えのようです。

TNさん達と入れ違いにお越しになりました。今日は息子さんとお二人です。「今別荘地を見てきたんですが、一度森さんにも見ていただいてご意見を聞きたい」というお話でした。

それではと、お茶も差し上げずにTNさんの車に乗り込み、土地見学に出かけました。標高500mほどの良く管理された別荘地で、当該土地も一見悪くは無いと思いました。が、よく観察して見ると、北側がなだらかな上がり勾配で森が続いているようです。

「湿気に関する心配」「土地造成費用の問題」「管理費や建設工事に関する費用の問題」などを感想として申し上げました。
翌日も別の土地をご覧になるということでしたので、「じっくりご検討下さい」といってお別れしました。

後日、メールをいただき「改めて探します」とのことでした。私にも協力できることは、お手伝いをしたいと思います。

21日日曜日は「トーカン別荘地」でセルフ中のKTさんの現場にお邪魔しました。27日にUBを設置しますが、事前の打ち合わせをする為に伺ったものです。1時間ほどUB以外の工事についてもお話をしました。丁度、工事を行うTOTOメンテナンスの担当者からも電話があり、昨日・本日と工事現場を訪れ、UBのレベルに合わせて「台受け」を取り付けたり、換気専用の穴を空けたり(こちらは、ご紹介者のYさんが頑張りました)。・・・27日の工事は「完璧」です。

KTさんの現場に行く前に、ご近所でセルフ中のKAさんの現場にお寄りしました。先日来デッキ工事を行っているKAさんですが、前面が終わり側面を残すのみでした。ご夫妻で仲良く作業をされていました。

お隣の「日本最大のログメーカー?」のログは棟が上がる直前でしたが、この状態を見て「これがログハウス?」という印象でした。出来上がってしまえば分かりませんが、作っている現場を確認される事はとても大事な事だと思います。

KAさんのデッキ工事

KAさんのデッキ工事

KTさんの状況

KTさんの状況


2006年05月17日

とても嬉しい出来事!!

11日から16日まで定例の「里帰り」で那須を留守にしました。今回は義父の13回忌の法要や娘の彩子の22回目の誕生日と私達夫婦の23回目の結婚記念日などもあり、いつもとは違った落ち着かない里帰りでした。

僅かな時間ながら、彩子の仕事上の相談にものることができたし、27日に予定しているKTさんのUB設置に係る必要部材も調達したし、植木の消毒も・・・月一度の里帰りは、やはり必要不可欠のようです。

この期間中、那須のご近所のKMさんから携帯電話に連絡が入りました。「四国に住む友人が那須に土地を求め、ログハウスを建てたがっているので、お宅を紹介したい。パンフレットなどが欲しい」という内容の電話でした。

「今日、本人が来ているので、お宅まで行ったが留守のようなので電話をした。」ということでした。この電話をいただいたKMさんとは、ゴンの散歩で2・3度お会いして、少し世間話をした程度の方です。

その方が、「ご近所だから」と、わざわざご友人を紹介してくださるとは・・・驚きと同時にとても嬉しい気持ちになりました!!

そういえば、先日お越しいただいた方も、ご自分の土地を視察された時ご近所のSG宅にご挨拶されたそうですが、その際私を紹介してくれたことで、ご来訪いただいたようです。(先日散歩中にSGさんからお聞きして分かりました)

ご近所の方々にも応援していただける幸せを感じています。

だから、というわけではありませんが、本日道路脇の草刈を約150m行いました。私は特には地元の方と親しくお付き合いする努力はしていません。でも、自分でできる「多少の地域貢献?」はできるだけ行うようにしています。


2006年05月06日

ひと段落です!!

GWも本日が最後になりました。おかげさまでログキャビン彩はこの間ほぼ「満室」となり、多くの皆様に大変に喜んでいただきました。ご利用者の皆様!大変にありがとうございました。

ご利用の感想を寄せられた方の中には「これまで多くの貸し別荘を利用してきましたが、間違いなくダントツの1位です」とか「自然が豊かで、遊園地などで遊ぶより、別荘の周りでボール遊びやバトミントンをしたことのほうが楽しかった」などの嬉しい声が聞こえました。また、「来年も必ず来ます」や「次は連泊したい!」などなど、運営者としてはこれほど嬉しい事はありません。

皆様!!またの御利用をお待ち申し上げます!!

那須の新緑はこれからが本番です。静けさが戻った自然豊かな「本来の那須」をぜひご体感下さい!!

5月1日に東京からお越しのMTさんは、これから那須に土地を求められてログハウスのセルフビルドに挑戦することをご希望です。事務所でお話をした後にデッキ工事をしているKAさんの現場へご一緒しました。

5時半を回っていましたが、KAさんご夫妻と弟さんが作業をしていました。先日束石を設置したデッキは、既に骨格が出来上がっていて完成真近でした。作業の手を休め室内も隈なくご案内いただき、MTさんもじっくりご覧になっていました。KAさんありがとうございました。

翌朝は小雨模様でしたが、お一人でKUさんの現場をご覧になったようで「ログの色と、赤い屋根と黒い窓枠が、周りの森の緑とうまくマッチして、ものすごく気に入りました。 自分もこんな感じのログハウスにしたいなと、思っております。」と、メールをいただきました。

これから、土地探しが始まります。なお、MTさんには8月に再びログキャビンへのご利用予約を頂いておりますので、じっくりお話ができれば幸いと思います。

MTさんが気に入られたログの施主KUさんご夫妻と弟さん、それにお友達3人が昨日お見えになりました。お友達は神奈川県から泊りがけで「視察」に見えたようです。「ログハウスに興味あり」ということでしたので、皆さんにパンフレットを差し上げました。ご縁がありましたら、再会したいと思います。

トーカン別荘地のKTさんや西郷村のAHさんご夫妻もセルフビルドに汗を流したようです。KTさんのログには27日1.25坪タイプのユニットバスが設置される予定です。

先日「突然」お見えになった東京のTさんから、当該土地の「公図の写し」と「全部事項証明書」(登記簿謄本の代わり)が届きました。実は、隣家のNAさんから「友人がこの近所に土地を探している」というお話を前々から聞いていましたので、先日の話をしていたところ、そのご友人が「是非欲しい」ということになったのです。

それでは、いい加減な事では済みませんのでと、Tさんに連絡をして「資料」として送っていただいたものです。タイミングよく本日、ご友人のMさんがご夫妻でお見えになりましたので、当該土地をご覧いただきました。

うまく手に入れば良いと思います。

5月3日の茶臼岳遠望

5月3日の茶臼岳遠望

我が家のジューンベリーと芝桜

我が家のジューンベリーと芝桜

ねむい「ゴン」

ねむい「ゴン」


2006年04月29日

ゴールデンウィーク始まる!

本日からいよいよゴールデンウィークが始まりました。自宅前の町道の交通量がが目に見えて増加しますし、何よりもログキャビン彩が「満室」という状況が・・・いよいよ始まったと実感します。これから1週間は、お掃除とお客様のチェックインで忙しそうです。

1日にログキャビン彩1stをご利用予定のMさんは、「那須に別荘を」と、お考えのようです。土地選びのポイントからログハウスの工事現場の見学などご希望ですので、時間の許す限りご説明・ご案内したいと思います。

昨日は、突然のお客様が二組ありました。

「この裏の土地なんだけれど、相場はどれくらいと思います?」と、白のベンツから降りられたTさん。突然のご質問でしたが、私も「昭和48年当時坪3万5千円で販売されましたから、購入した人ならそれ以下で売ることは難しいと思います」と、お答えしました。「でも、私ならその値段では買いません」とも付け加えました。

ご挨拶も相場を知りたい理由の説明もなく始まった会話ですが、特段の違和感も感じない不思議な方でした。

後で分かったことですが、東京で手広く不動産関係の会社を経営されている方で、那須に来たついでに、私の事務所裏の土地の「相場」を調べたかったようです。

最後に一言「誰も買わなかったら100万円であなたが買ってくれる?」と。

とても変わった可愛いワンちゃん(イタリアン・・・・?)と気さくな奥様もご一緒で、初めてお会いした方たちとは思えないお話をしばし楽しませていただきました。

ログハウスを販売していることと貸し別荘を運営していることを話すと、「パンフレットをくれれば、東京のうちの店においてあげるよ!」とのお申し出を頂、早速10部ほどを差し上げました。

私もうれしくなり、産みたての卵を2つ差し上げました。「これも何かの縁だから、土地を買いたい人がいたら連絡をして」とおっしゃってお帰りになりました。

Tさんとお別れのご挨拶を済ませる前に車が1台事務所前に止まり、一組の夫妻が降りてこられました。奥様は西洋人(ちょっと古い言い方?)とお見受けしました。

すぐに話が始まりましたので、Tさんとはきちっとしたご挨拶もできず、失礼しました。

この二組目のご夫妻は、ごんの散歩コースでもあるご近所の別荘地「松涛苑」に土地をお持ちで、来年中には別荘の建築を始めたいというご希望をお持ちだそうです。

「ログハウス」にも興味をお持ちで、8月末に5日間、ログキャビンをご利用いただくことになりました。その際は詳しいお話ができればと思います。

「突然」のご来訪でしたが、どちらも大変に興味深い方たちでした。

23日の日曜日、Yさんからお電話をいただきました。「先日、見積もりをいただいたHUさんご夫妻が10畳ログの見学を希望されているんだけれど、森さんの都合はどう?」といった内容でした。HUさんと直接お話をさせていただき、即見学を決定。
10畳ログを建てられたKDさんに連絡をすると、運良く那須に滞在中。それではと、ご了解の上、Hさんご夫妻と見学をさせていただきました。

KDさんは、昨年8月に購入され、10月には完成されていましたが、これまで見学の機会がありませんでした。

10畳とはいえ棟の長さは6.5m

10畳とはいえ棟の長さは6.5m

壁に飾られた奥様の押し花作品

壁に飾られた奥様の押し花作品

喫茶コーナー

喫茶コーナー

とても丁寧な仕上がりと、デッキ部に作られたシューズボックスや椅子・テーブルセットなどのご主人の「作品」、さらに内部に飾られた奥様の「作品」に生活を楽しんでいられるお二人の様子がうかがわれました。

見学されたHUさんご夫妻も「これを参考に、ロフトつきのプランを考えたい」と話していました。また、HUさんの奥様は「押し花」に興味がおありのようで、押し花教室を主宰しているKD婦人の多くの作品を見学していました。
          
10畳程度のログハウスを専用コンテナで運ぶには運搬費用負担が大きすぎるため、別のログハウスと混載または、同程度のログを数棟まとめ混載することにします。

ミニログをご希望の方はご一報下さい!!

NIINIKOSKIのログは「ミニ」とはいえ、本格派。ログサイズ70mmx130mm、建具はペアガラス仕様、土台・根太・垂木・野地板・天井板・軒裏天井板・床板・アスファルトシングル(屋根材)を含んでいます(ミニログでこのように充実した仕様は他にはありません)。ちなみに、KDさんのキットは1EUR=135円のレートで150万円(那須までの輸送費用を含む)ほどでした。

24日の月曜日、KAさんのデッキ工事のお手伝いにうかがいました。

デッキ用束石をベースに配置

デッキ用束石をベースに配置

コンクリートを練る施主KAさん

コンクリートを練る施主KAさん

束石の周りにコンクリート打設

束石の周りにコンクリート打設

レベルを出して、束石を配置し、石の周りに固定用の型枠・コンクリート打設。11箇所を施工しました。KAさんのお隣に(この写真の奥)ログハウスが建つことになり、基礎工事中でした。なんでも、わが国で最大のメーカーのものだそうです。

NIINIKOSKIのログとの違いが一目瞭然。出来上がりがとても楽しみです!!



ログキャビン彩 那須 貸別荘
  • オーナーからのご挨拶
  • 貸別荘紹介
  • 料金・ご利用案内
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
空室カレンダー お客様の声 管理人のひとり言

お知らせ

2022年05月4日

7月のご予約お受付しております   ご利用人数は大人4名様まで(小学生のお子様2名様までを含む場合は6名様まで)とさせていただきます。7月23日から31日までB料金となりますので、宜しくお願い致します。8月ご予約は、6月1日からお受付開始となります。メールは0時、お電話は9時からとなります。ご利用、お待ちしております。

2022年04月12日

コロナ禍における営業内容一部変更のお知らせ  ①予約開始時期について・・ご予約受付は、予約月の2か月前の1日0時からお受付いたします(お電話は朝9時)②ご利用人数について・・1st、2nd、山荘とも、最大人数を大人4名様までとさせていただきます。(小学生までのお子様2名様までを含む6名様は可) ③送迎について・・感染防止の為、送迎はしておりません。(バスでお越しの場合は最寄りのバス停まで送迎しますので、ご予約時にお申し出ください)④HP設備一覧にて、調味料の掲載がありますがコロナ収束まで、調味料は置いておりません。必要な分をご持参ください。 コロナ収束の兆しが見えた場合は、内容を変更いたします。変更の場合は、HPにてお知らせいたします。お客様には、ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

2021年10月10日

GOTOキャンペーンについて     ログキャビン彩はGOTOキャンペーンに参加しておりません。割引きクーポンもございませんので、ご予約の際はこの件も含めてご検討ください。

2020年05月28日

2017年1月より、諸般の事情により「男性のみでのご宿泊」はお受付しておりません。申し訳ございませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。               山荘管理者変更についてのお知らせ 山荘は2020年より管理者が変わりました。山荘のお問い合わせは、お手数ですが山荘専用電話番号0287-61-4502にお願い致します。 ご利用、お待ちしております。

2015年09月5日

予約・お問い合わせフォームをお送りいただきましても、その時点ではご予約にはなりません。キャビンからお返事をお送りし、料金その他内容等ご確認後に、正式にご予約を頂ける場合はお客様から「予約依頼」のメールをお送りいただいた時点で正式ご予約となります。予約フォーム送信後24時間たってもキャビンからの返信がない場合は、お問い合わせが未着の場合もございますので、お手数ですがお電話をくださいますようお願いいたします。

那須高原の本格ログハウス貸別荘

ログキャビン 彩

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール ご予約・お問い合わせ