管理人のひとり言

管理人のひとり言

日々の出来事を不定期で掲載しています。

2006年10月29日

着工期日の決定!!

一昨日NIINIKOSKIからB/L(船荷証券)の写しが送られてきました。12月初旬着工予定のMTさんとFUさんのログハウスが詰まったコンテナがFINLANDを出港した知らせです。

運航予定によれば、11月30日に東京港に着岸しますので、荷下ろしは12月8日(金)を予定しています。これで、11月20日のMA邸の荷下ろしと3棟のログの着工期日が決定(船の遅れがない限り)しました。

かなり寒い時期ですので、荷下ろし参加ご希望者は厚手の「作業着」をご用意下さい。なお、日没時間が早い為、作業開始時間は朝7時を予定しています。

これからログハウスのセルフビルドを希望される方は、荷下ろしの体験も必要ですから、是非ご参加下さい!!手間賃はお支払いできませんが、昼食と前泊(必要であれば当日も)宿はログキャビン彩1st(必要であれば2ndも)を無料で開放いたします。(今、夕食を準備している妻が、「朝食もつけます」と言っています)

今回の荷下ろしは、これまで那須にNIINIKOSKIのログをセルフビルドされた方々が多数参加する予定ですので、この方達との交流もご自身がセルフビルドされる際の強い味方になるきっかけになるかもしれません。

なお、参加ご希望者はそれぞれ1週間前までにメールでお知らせ下さい。

MAさんの基礎工事は一部を残して完成。井戸掘りは当初の予定の約倍の69mで「良い水」に当たりました。今後は11月20日の着工に向け、進入路の確保・部材置き場と重機の配置についてクレーン業者と打ち合わせ・建築業者と細部の打ち合わせ・土台材の搬入など万全を期します。(既に通関に必要な書類は通関業者に送付済みです)

MT邸は、明日確認申請に対する「確認済証」が下りる予定で、建設現場の伐採工事に入ります。基礎完成は11月末の予定です。27日にはMTさんと大田原市の県の合同庁舎まで足を運び建築主事と申請書の手直し箇所について指示を受け、再度提出しました。 

その足で、建設地がある別荘地管理組合に同行、工事開始に伴う諸手続きを行い、明日からの工事着手にこぎつけました。ご近所への挨拶回りもこなしました。

FUさんは先週、基礎本体のコンクリート打設を行い、今週中には通路部のベースコンクリートを施工して完成予定です。

一方、明野(八ヶ岳エリア)で、着工予定のKOさんは、24日に「最終プラン」をご提案したところ、GOサインをいただきましたので、早速見積を提出させていただきました。

ログの厚みを88mmか115mmのどちらにするか迷っていられるようですが、近日中の「決定」予定です。

旧知のNZ夫妻が自宅隣地にログを建てることになりそうです。昨年来、何度かお越しになっていて、「そのようなお話」をしていましたが、ここに来て「決断」されたようです。

隣地は、元々私が情報提供した結果NZさんが購入した経緯があり、その時から「こうなる事」になっていたのかもしれません。NZ夫妻は既に那須にDログをお持ちですが、比較的便利な「ここ」に新築するようです。

先週、何度か見えたようですが、タイミングが合わずお会いできませんでしたので、今週あたり打ち合わせか?どんなプランをお持ちになるか楽しみにしています。

21日に東京からURさんご夫妻をお迎えしました。2時間ほどお話をさせていただきましたが、「世間話」で、あまりログの話はしなかったような気がします。

一応、他のログハウスとの違いは「現物」を見ながら説明をさせていただいたとは思いますが?・・・いつも思うのですが、初めてお会いするのですが、なぜか「はじめて」という気がしないのは不思議です。

このHPをご覧になっていて既に「私」をご存知のような・・・そのようなお話しぶりに私も「その気に」なっているからなのでしょうか。

ともかく、はじめから「垣根がない」というか打ち解けた雰囲気でのお話が出来る事がとても嬉しく感じます。URさんはお持ちの土地の法律上の問題があり、すぐに建築というわけにはいかないようですので、今後、じっくりプラン作りのお手伝いが出来ればと思います。

お帰り間際にURさんからお土産をいただきました。本当にありがとうございました!!

お客様から「いただく」のは大変に恐縮なのですが、実は以前から家の前に「フィンランド」をイメージできるような「木」を植えたいと思っていたんです。先日も植木を買ってきたのですが気に入らず、別の場所に植えてしまったところに、いただいたのがこの「木」。
もう、ドンぴしゃりのものでした。

早速、土台材を使って「プランター」を作り、(ただ木を重ねて置いただけですが)植え込みました。

なまえは「コロナ」です。

なまえは「コロナ」です。

誰かがこんなに小さな卵を産みました

誰かがこんなに小さな卵を産みました


2006年10月20日

とりあえず「更新」!!

ばたばたとして、気が付けば20日です。

MAさんの現場は既に基礎工事が終わり、現在、井戸掘りを行っています。MTさんも建築確認申請を提出しました。確認通知が着次第基礎工事に入ります。

一方、FUさんのゲストハウスは基礎工事のための現地測量やら打ち合わせやらと、このところ慌しく動き回っています。

そんな中、先日、茨城県からYZご夫妻がログキャビンに体験宿泊されました。ご到着は0時。お仕事が終わってから出られましたが、途中、高速道路でパンク。幸いにも事故にならずお越しいただけましたので何よりでした。

翌日はゆっくり休んでいただき、打ち合わせは午後からにしました。お話によれば、昔から暖めていた「ログハウスに暮らす夢」が、ここに来て急に実現したくなったとか。

お話の後は小屋作りを始めたKAさんとKUさんのログハウスにお邪魔しました。KAさんは丁度ご在宅でしたので、室内を見学させていただいたり、色々お話をうかがうことが出来ました。KUさんの現場は「お休み」でしたので、外観の見学となりました。

3時間ほどのお話と現場見学でしたが、私の提供するログハウスにご理解をいただけたと思います。年内に再度お見えになりたいとのご希望でしたので、11月のMA邸の荷下ろしに参加されるようお誘いしました。(今のところ、11月20日(月)の荷下ろし予定です)

16日から本日まで横須賀の実家に滞在しました。この間も、MAさんの井戸掘り業者さんとの打ち合わせ、FU邸の基礎工事関係の打ち合わせ、喜連川でセルフ中のSAさんの給排水工事関係の打ち合わせと部材の調達、先日現地で打ち合わせをしていただいたKOさんの新プランの検討など、決して「休暇」ではありません。

KOさんは明年3月には着工をご希望されていることが判りましたので、早急にプランを詰めたいと思います。

明日の午前中はHA邸のメンテナンスのお手伝い。午後は東京からお越しのURさんとの打ち合わせに臨みます。URさんから「ログハウスを検討中」とメールをいただき、パンフレットをお送りしたのが昨年の11月。この間、私の方から「営業」は無論していませんが、先日「21日のご都合は?」とメールをいただきました。

どのようなお話になるのかとても楽しみです。

色々な出来事も沢山あるのですが、とりあえず「更新」としました。


2006年10月04日

新米の季節です!!

1日の日曜日午前6時20分に那須を出て東京経由中央道で須玉ICへ、インター近くの「明野総合支所」でKOさんご夫妻との待ち合わせです。待ち合わせ時間は10時、インターに着いたのは9時40分。「楽勝」と思ったのもつかの間。間違えて「北杜市役所」駐車場に行ってしまいました。いただいていた地図を見ると「支所」は少し南です。すると今度は行き過ぎ、道の駅まで下ってしまいました。お弁当屋さんの女将(?)が丁寧に教えてくれ、KOさんご夫妻に合流したのは9時55分でした。

いつもの事ながら、素直に目的地につけません。

ご挨拶もそこそこに建設予定地にご案内いただきました。南西側に南アルプス、北側に八ヶ岳が大きく見えるとても景色が良い場所です。ご夫妻が幾多の場所を見学し、この地に決定した理由が理解できます。

しかし、傾斜地で元々が山林だったそうですので、「地盤」に関しては一見しただけでは分かりません。地元の方や造成をされた方からに「その土地」の特性などをお聞きになるようにお話しました。

先日作製したプランの一部変更プランのご提案もありましたので、これから検討させていただきます。1時間ほど見学したり、プランに沿って杭を入れてみたりした後、20分ほどの高根町に建つSAさんのログを訪問しました。

SAさんがセルフビルドを始められたのは平成11年の夏ですから7年が経過しています。この日は残念ながらお出かけでお会いできませんでしたが、事前に連絡をして、室内の見学をさせていただきました。(ありがとうございました!!)

ご夫妻も生活感のあるログハウスを見学し、ご自分のプランのイメージをより鮮明に出来たようです。

エントランスに大きなひさしを付けたSA邸

エントランスに大きなひさしを付けたSA邸

一人でお留守番のマックJr

一人でお留守番のマックJr

ここでKOさんご夫妻とお別れし、「木戸」さんとの再会のため一路京都に向います。

京都到着は4時半。この日はホテルでゆっくりし、7時には「熟睡状態」だったようです。

京都でペットと泊まれる宿を「検索」しましたが市街地ではほとんどありません。あっても「小型犬」まで。なんとか、交渉の末、川端3条(川端通りと3条通りの交差点)近くのますや旅館さんにお世話になりました。

着いたばかりで落ち着かないゴン

着いたばかりで落ち着かないゴン

ゴン愛用のベットと持参した敷物

ゴン愛用のベットと持参した敷物

翌日は朝6時には鴨川縁でボール遊び。京都でも散歩時間は1時間を越えます。

3日の朝の散歩(3条から御池川端方向)

3日の朝の散歩(3条から御池川端方向)

木戸さんのご自宅を訪問

木戸さんのご自宅を訪問

2日は木戸さんご夫妻とご自宅で豪華な「お弁当」をご馳走になりました。ゴン連れでは落ち着いた食事が出来ないとの木戸さんのご配慮です。普段食べることが出来ない「京弁当」でした!!

食事の後、ご夫妻と「鯖街道」へドライブに出かけました。若狭湾で水揚げされた鯖を京都まで運んだのが「鯖街道」の由来のようです。この街道沿いには「鯖寿司」や「太巻き」などを販売するお店ががあり、その一軒を訪ねました。

ここの太巻きは「有名」とか

ここの太巻きは「有名」とか

飼い主以外には心を開かないゴンですが、木戸ご夫妻にはこのとおり

飼い主以外には心を開かないゴンですが、木戸ご夫妻にはこのとおり

昨日は宿を出たのが午前10時。名神-中央-上信越-北関東-国道50号-東北と走破し、午後6時に那須に戻ってきました。走行距離は1460kmでした。いつもながらの強行軍でした。

先月の27日、茨城県大子町の大久保さんのお宅にお邪魔しました。(これまでは、Oさんと表記していましたが、ご本人の承諾を得て、お名前でご紹介させていただきます)

この時期、大久保さんを訪れる理由は・・・・そうです!!   美味しい新米の季節です。

大久保さんのお宅は、専業農家。お米の作付面積は委託を含め25町歩を悠に超えるようです。しかも、美味しいお米作りに情熱を注いでいます。その食味は魚沼産コシヒカリに勝るとも劣らない・・・と思います。

そんな美味しい「新米」を横須賀の親戚に毎年味わってもらっています。今回の「買出し」に際しては木戸さんのお土産分も加えました。

都会で手に入る「新米」は、どこのお米か「素性」が分からず、しかも全てが「新米」とは限りません。生産地では誰が作っても「農協」に搬入すれば、全て混ざって、例えば「栃木産コシヒカリ」となってしまいます。

一生懸命作る人も「かなり、いい加減」に作る人のお米も混ざってしまうのです。これでは、いい加減に作る人が無くなりません。しかし、大久保さんたちは自分達でライスセンターを作り、各生産者ごとに精米するので、生産者個人の作った米の評価が出来るのです。

こうなれば、いい加減には作れません。まずければ誰も買ってはくれません。このような取り組みは各地で行われているようですが、全体的には少数派のようです。

美味しい新米で、産みたて卵ご飯ををいただくときに、田舎暮らしの「豊かさ」を実感しています。


2006年09月28日

契約締結

昨日、本日と続けてログハウスキット販売の契約を締結しました。これまでにプランを詰めてきたMTさんとFUさんです。お二方ともにご無理を言って、FAXでの契約としました。(後日、正式に契約書は作成します)

私とNIINIKOSKIとの間の「契約締結」は全てFAXによります。この契約によりNIINIKOSKIはラミネートログを作りノッチやグルーブをきざみます。また、窓やドアなどの建具・階段及び床材や天井材・屋根材などを手配します。

およそ1ヶ月でログキット部材として纏め、更に1ヶ月+アルファーで日本に到着し、1週間で通関し指定場所まで配送します。

来月10日過ぎから暫くは、「のんびりした田舎暮らし」はお休みになりそうです。

19日の火曜日、私の「倉庫」の片づけをいました。約2年前から預かっているKAさんの4畳のミニログは、「母屋の完成」に続きいよいよ出番になりました。また、昨年8月に荷下ろしをした、西郷村のASさんのログ用階段とマービン社製の窓2つを現場にお届けしました。(KAさん・ASさん各ご夫妻と私の5人で3往復)

20日は初めてフレッシュチーズ作りに挑戦しました。夏にログキャビンを5連泊でご利用いただいたYさんご夫妻が再びお泊りに見えるのに合わせて挑戦して見ました。(奥様がドイツ人でフレッシュチーズを作られるので、まねをしてみました。実は以前よりチーズ作りにとても興味がありました)

チーズ作りに必要な物の内、牛乳とヨーグルト以外はネットで購入しました。温度管理と時間をマニュアルどおりにすれば、意外と簡単に作れます。もっとも、搾りたての牛乳が手に入る環境はなかなか他の人には真似できないと思いますが(優越感)

あらかじめ牛乳は65度30分殺菌しておき、ナチュラルヨーグルトを混ぜ1時間。レンネットを混ぜて1時間。25度の室温で2時間。固まった物を細かく切って水分と固形分を分け、ガーゼにあけて2時間から4時間。冷蔵庫で8時間。これで出来上がりです。

2Lの牛乳から約300gのフレッシュチーズが出来上がります。味はGooです。リッツにチーズを乗せジャムを少し乗せていただくと、とても幸せです!!皆さんもお試しあれ!(市販の低温殺菌牛乳で作れます)

牛乳を分けていただいているIさんにもお裾分けしたところ「うまかった」と、好評でした!!


2006年09月17日

おのぼりさん

11日の午後から15日の午前中までお休みをいただいて、久しぶりに横須賀に戻りました。この間、メールの送信ができず多くの皆様にご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。「原因」は結局分からず、次回に持ち越しました。

滞在中、NIINIKOSKIからMTさんのCAD図面が送られてきましたので、それをチェック・手直しの上送り返したり、MA邸で使用する建具(マービン製窓・ドア)を購入する会社を訪問したり、MTさんと打ち合わせをしたりと、いつものように慌しい「里帰り」でした。

14日は午後2時から渋谷で「会社訪問と打ち合わせ」。なにしろ、田舎暮らしに慣れているため、「人酔い」と「駅と乗り場」探しに苦労しました。

二十歳で専門学校を卒業後、五反田の「TOC」6階にあった会社に通いました。JR衣笠駅から品川で乗り換え五反田で降りる生活は僅か1年でしたが、同じ経路で恵比寿まで打ち合わせに出かけました。

まず驚いたのは「品川駅」。以前MTさんとプリンスで打ち合わせをした時は京浜急行を使いましたので、JR側の駅舎の変わり様は知りませんでした。「役所時代」も霞ヶ関への出張は多々ありましたが、遠い昔のことで、この変貌ぶりには全く驚きです。行き交う人とぶつからずに歩く事が「困難」な状態でした。

山手線では思わず車窓からTOCビルが見えるか目をこらし、「あっ!あった!!」と心で小躍り。(あたり前か・・でも、あれから35年も経っているんです)次の恵比寿で降りましたが、ここも「大都会」。たしかガーデンプレイスには1度来た事がありましたが、それ以来です。

事前にマピオンでオフィスの位置は確認していましたが、何しろ「おのぼりさんの方向音痴」ですから、「発見」するまでは安心できません。しかし、今回は迷うことなく目的地に到着しました。

素敵なビルの4Fに目的の「会社」がありました。ドアや窓やキッチンなどが陳列してあり、そのレイアウトやインテリアは大変に参考になります。初めてお会いするNG課長。1時間ほど打ち合わせをした後「契約」をしました。11月末が納期です。

さて、次はMTさんとの打ち合わせです。渋谷から「井の頭線」で、吉祥寺に行く予定なのですが、ビルを出たところで、信号待ちのご婦人に「ここから恵比寿に戻るのと渋谷に行くのではどちらが早く着けますか?」とお聞きすると「同じくらいじゃないの?」と、その方。「?」が気にはなりましたが、それではと渋谷駅に向いました。

途中で、これは戻ったほうが早かった。と思いながらも、久しぶりの上着と革靴着用で歩き続けます。15分くらいで「JR渋谷駅新南口」という看板が目に入りました。とっさにエスカレーターに乗り上っていくと、そこには「井の頭線」はありませんでした。

その後、井の頭線「渋谷駅」に着くには2人の警察官を含め3人の方に道を尋ねながらの苦労の道中でした。

MTさんにはお昼頃に突然「今日のご予定は?」と連絡を入れましたが、快く(?)お時間を空けていただきました。吉祥寺を訪問するのは初めてです。MTさんに「これから電車に乗ります」と連絡を入れましたので、吉祥寺に着いたときには改札口にお迎えに来ていただいていました。

4時を少し回っていましたが、井の頭公園内にあるエスニックカフェ?でCAD図面をお示ししながら2時間余りの楽しい打ち合わせを行いました。都会のオアシスといった感じの公園で、そこに至る道筋は、お洒落なお店が一杯。

でも、今の私には那須の自然に囲まれた「空間」がもっとも居心地が良い事を改めて実感する「対象」として映りました。(先ほど、NIINIKOSKIから改訂版のCAD図面21枚が送られてきましたので、本日はこれから図面チェックとエレキホール位置を追記して今日中に送り返す予定です)

MTさんに吉祥寺駅まで送っていただき、電車に飛び乗ったのは午後6時を回っていました。JRが好きなのですが、最も安く早く帰宅できる東急東横線ー京急中央ーバスコースで約2時間で自宅に戻りました。およそ8時間の東京行きでしたが、・・つかれた~!!

昨日はMAさんご夫妻が那須にお越しになっていましたので、高久工業の雅行さんを伴って基礎工事の打ち合わせに伺いました。3時から2時間ほど基礎の位置、エントランスの収まり、デッキ用のベース基礎などについて細部の打ち合わせを行いました。

今週末までに基礎工事が始まります。

昨晩、先週末にお越しになったKOさんご夫妻の新しいラフプランの検討をし、提案図面を作成しました。本日はそれをもう一度「眺め」問題点がないか確認のうえご夫妻にお示ししたいと思います。なお、建設予定地の見学は10月1日(日)午前10時に予定しました。この日は少し足を延ばし、京都の木戸さんに会いに行こうと思います。

ゴンが一緒に泊まれる宿も確保しました。2泊3日の短期旅行ですが古都の休日を楽しみたいと思います。



ログキャビン彩 那須 貸別荘
  • オーナーからのご挨拶
  • 貸別荘紹介
  • 料金・ご利用案内
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
空室カレンダー お客様の声 管理人のひとり言

お知らせ

2019年02月16日

8月のご予約は、5月1日0時からお受付しております。お電話でのお受付は1日9時以降になります。

2017年01月13日

2017年1月より、諸般の事情により「男性のみでのご宿泊」はお受付しておりません。申し訳ございませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

2015年09月5日

予約・お問い合わせフォームをお送りいただきましても、その時点ではご予約にはなりません。キャビンからお返事をお送りし、料金その他内容等ご確認後に、正式にご予約を頂ける場合はお客様から「予約依頼」のメールをお送りいただいた時点で正式ご予約となります。予約フォーム送信後24時間たってもキャビンからの返信がない場合は、お問い合わせが未着の場合もございますので、お手数ですがお電話をくださいますようお願いいたします。

2014年08月19日

送迎につきましては、お問い合わせ時にお申し出ください。時期によりましては送迎できないこともあります。送迎人数様は4名様までとなります。また、山荘は事務所より距離がありますので、送迎はできません。山荘付近にはバス停もありませんので、お車以外ではご利用できません。

2014年06月19日

ペット同伴について、ご協力をお守りいただけない事が多くなってきており、備品などの被害も多発しております。申し訳ありませんが、当分の間全棟ペットの同伴を中止させていただきます。リピーター様の同伴は個別にご相談ください。

那須高原の本格ログハウス貸別荘

ログキャビン 彩

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール ご予約・お問い合わせ