管理人のひとり言

管理人のひとり言

日々の出来事を不定期で掲載しています。

2007年11月27日

初雪とログハウスの心地よさ!

先週4日間ほど横須賀に里帰りしました。先日、那須の土地の売買をお手伝いした折の売主のEさんがたまたま千葉で塗装業をされている方でしたので、これもご縁かと、自宅の外壁及び屋根の塗装をお願いしました。

遠路「千葉市」から里帰りに合わせて来ていただき工事に着手。私達は一足先に那須に戻りましたが、実家では本日も工事が行われています。留守にしますがよろしくお願い致します!!

22日午後の首都高速は「大渋滞」、帰路に通常の2倍以上時間がかかりました。その日那須は大雪が降ったようで一軒茶屋交差点よりも山よりは冬用タイヤでないと走れなかったそうです。(7-11)の店員さん情報によれば、予約したホテルに行き着けず、宿泊を断念した方もいたようです。

那須高原は「山の天気」。お出かけの方は雪対策をお忘れなく!!

23日朝は我が家でも初雪が舞いました。いよいよ冬の到来で、これから来年4月中旬までは「家の中」がとても居心地がいい季節です。特にログハウスの心地よさは最高です!!

以下は本年11月の記録です。(昼間は小型石油ストーブ(2400Kcal)1つで室温は約20度程度)夜は12時前にストーブを消しています.

屋外(南側デッキ) 室内(床上1.2m)
11月 気温(°C) 湿度(%) 気温(°C) 湿度(%) 天候
1日 13 75 21 55 曇り 午前6時半
2日 14 60 20 50 曇り 午前7時
3日 9 75 19 50 快晴 午前7時
4日 11 75 19 50 曇り 午前7時
5日 10 75 19 50 曇り 午前8時
6日 13 80 20 55 小雨 午前7時半
7日 8 76 19 55 快晴 午前7時
8日 5 70 17 50 快晴 午前7時
9日 6 75 17 50 快晴 午前7時
10日 12 82 20 55 小雨 午前7時半
11日 12 78 19 55 小雨 午前7時
12日 7 75 19 55 快晴 午前7時
13日 10 70 20 50 快晴 午前7時
14日 8 80 19 48 快晴 午前7時
15日 12 70 19 52 快晴 午前7時
16日 8 73 18 44 曇り 午前7時
17日 2 80 17 44 曇り 午前7時
18日 4 80 17 44 快晴 午前7時
19日 4 80 16 45 晴れ 午前7時
20日 不在
21日 不在
22日 2 50 8 45 晴れ 午後8時
23日 2 68 14 38 快晴 午前6時半
24日 -1 80 15 45 快晴 午前7時
25日 4 75 16 48 快晴 午前7時
26日 2 78 16 46 快晴 午前7時
27日 10 75 18 45 曇り 午前7時

本日は朝から気温が上がらず、天候は曇り、外気温は10℃で一定でしたが、室内は23度。午後1時にストーブを消し3時間後の室温は20度。この間何度も玄関の扉を開けていますので、いかに「蓄熱性が高い住宅」ということが出来ると思います。


2007年11月10日

とても悲しいお知らせ

私が未だ公務員の時代、「商売」ではなくボランティアでログハウスの個人輸入のコーディネートをしていた頃お世話をしたYさんの奥様Kさんが先日お亡くなりになったとのメールをいただきました。

ただただ驚くと共に俄かには信じられない思いと信じたくない思いが交差をしています。また、大変にご夫婦の仲のよろしかったご主人Yさんのご心中を察すると本当に心が痛みます。

心よりKさんのご冥福をお祈りすると共に、Yさんをはじめ残された家族の皆様がこの悲しみを少しでも早く乗り越えられることを祈念いたします。

私は「生命は永遠で人は生まれ代るもの」と信じていますので、Kさんがなるべく早くYさんの身近な「人」として再びこの世に生を受けられる事を祈っています。

私とYさんご夫妻とのはじめての出会いは1998年3月。具体的にプランの検討を始めたのが2000年9月6日。(この間、ログキャビンにも体験宿泊され、高根のS邸の荷下ろしやログ組にも参加されました。)2001年9月15日(土)にログキットが建設地の富士見町に到着。前日からの雨が気になり、Yさんも私も早朝から目を覚まし外に出ては「少し小降りになってきたね」などと話をしたことははっきりと記憶しています。その後天気は回復し、荷下ろしは青空ののぞく中無事に終了しました。

nioros5

nioros6

建設地の進入路の関係で港でコンテナからキットを引き出し、10tトラック数台で現地に搬入しました。

建設地の進入路の関係で港でコンテナからキットを引き出し、10tトラック数台で現地に搬入しました。

プラン作りで主導権を握っていたのは奥様のKさんでした。第一回プランの検討は横浜市の山下公園近くのデニーズだと記憶しています。その時の様子は当時の私のHPに次のように記述されていました。

Yさんご夫妻は、1年半前に横須賀のログを見学され、那須のログキャビンにもお泊り頂き、Sさんの作業にも参加されている「ベテラン」です。

来春、いよいよ、ログ建築に着手する決意を固めたようです。
たしか、仕事をリタイアーされたと聞いていましたので、早速電話しました。

出られたのは奥様。「ご主人がいらしたら、今日横浜でお会いしようと思いました」とお話したところ、「プラン作りは、私の仕事。私が行きます。」と。それではと、4時半に待ち合わせと言う事にしました。

Yさんとの待ち合わせは、ランドマークタワーの前。道路が混んでいて、10分ほど遅刻しました。
「約束時間は守りましょう!」(自分に言い聞かせています。)

4時近くから、お茶を飲みながら打合せです。ラフスケッチをお持ちでしたので、みせて頂きながら2時間ほどお話しました。5時に退社した妻も途中から加わります。(妻はこの頃三菱重工ビルの中にあった保険会社に勤めていました)

構造上の観点から、何点かアドバイスしましたので、あらためて書き直したもので見積もりを取る事にしました。

この2週間ほどは、香川県のUさんのプランの詰めを行なっており、少し忙しいのですが、
新たなお話が有ると、忙しさを忘れ、ワクワクします。

23日に建設予定地を見せて頂く事を決めて、お別れしました。

23日は朝寝坊をし、8時に八ヶ岳に向け出発しました。東名横浜か八王子中央高速か迷いましたが、東名ー御殿場ー東富士ー中央高速にしました。

快晴に恵まれ、横浜厚木間の渋滞以外は快適なドライブです。
11時過ぎにYさんご夫妻と合流し、先日いただいたプランに付いて説明。カネ勾配で最高高さ7.5m、約32坪ベランダ付です。
昼食は、富士見の杉本さんのレストラン(夢丸1999年1月号p190~195)でステーキ。とても美味しかったです。

原村のペンションビレッジを見学した後、Yさんご夫妻の建築予定地及び荷降ろし場所を、チェックさせていただきました。
建築現場は、小高い丘の上、南正面に甲斐駒、背後に八ヶ岳と、ロケーションは、最高です。
でも、進入路が狭く、小運搬するにも大変そうです。隣接地が開発を予定しているので、これができれば、搬入も容易になりそうです。これができてからにされては、とお話しましたが、奥様は、なるべく早く、着工したいご様子でした。

進入道路の完成が遅れたために着工は半年遅れの2001年9月になりましたが、Yさんご夫妻はその後1年半余りを費やしてハーフセルフビルドでログハウスを完成させました。

セルフビルド中のY邸

セルフビルド中のY邸

17nov

私が那須に事務所を建築する際もご自分の作業を放り出し、遠路駆けつけてくださり、材木の置き場に砕石を敷き詰めるなど「事前の作業」を率先して行っていただきました。普段は特段のお付き合いもありませんが「いざ」という時にはすぐに駆けつけてくださる心強い友人です。その時の様子は以下のとおりです。

2002年2月9日から18日まで、事務所用ログハウスの建築(組立て)工事を、那須で行ないました。
9日の荷下ろしに参加していただけた方は、15人。40fコンテナ2台分を約7時間で降ろしました。

雨の予想を覆し、晴天での荷下ろしでした。この日、土台回しまで完了。

とっても順調な滑り出しと思っていました。・・・が、

詳細は、後日UPすることにして、ともかく、17日に上棟・垂木掛け(70%)を終了しました。

ご参加いただいた、「みなさ~ん!!」本当にありがとうございました!!

札幌から駆けつけていただいたSさん、海老名のHさんは、2月8日から18日まで、休日なく「作業」をしていただきました。

地元黒磯のAさんは、ユニックとフォークリフトをお持ちいただき、「大活躍」、夜7時過ぎまで木戸さんの階段やNさんの部材運びまでしていただきました。

八ヶ岳で、セルフビルド中のYさんも自分の現場を「放り出して」駆けつけていただき、前日から砕石敷詰め作業に活躍していただきました。

ログビルダー志願の川崎のYさん、8月予定のSさん、従兄弟のT君そし長兄も前日夜に駆けつけてくれました。

那須でセルフビルドをしているNさん。建築を終わり、別荘ライフを満喫しているKさん。4月着工予定の茨城のOさんそして、矢板のKさんは、朝早くから来ていただきました。

秋田からは、Sさんが大工さんのSさんと「視察」「ミーティング」にお見え頂きましたが、「作業に忙殺」され、ゆっくりお構いが出来ませんでした。

是非、ゆっくりお会いしたいと思います。Sさんからは、見積もり依頼を頂きました。

9日の夜には、義兄の美貴さんが友人の「ドラちゃん」と「池ちゃん」と連れ立って応援。

13日からは、浜松のMさんが駆けつけてくれました。Mさんは、自宅をセルフしていますから、私よりはるかに「ビルダー」です。大活躍していただきました。

一度帰宅して再び来られる方も多く、16日にはついに上棟になりました。
17日から18日にかけて、横須賀から親友のグンちゃんが電気配線工事に駆けつけてくれましたが、工事の遅れで、50%の進捗です。

連夜の語らい(午前1時・2時・2時半と続いた様です。・・・私は、12時までに就寝しましたが。)

色々な問題は有りましたが、皆さんのお力に「感謝」「感謝」!!!!

ここまで出来たログハウスをご覧ください。(垂木が一部飛び出しています)

2002年2月の我が家

2002年2月の我が家

P2170091

そんなKさんから昨年9月(だと思います)、突然「同窓会で千本松牧場まで来ているので、友人と一緒にお寄りしてもいいですか」と
電話がありました。

お越しいただいたKさんはこれまで何度もお会いした「快活で笑顔のKさん」でした。同行のご友人が一級建築士ということもあり、しばし、ログハウス談義に花が咲き、楽しいひと時となりました。

それから僅か1年余り・・・・・まさかそれがお別れになるとは・・・・

改めましてKさんのご冥福を心中よりお祈り申し上げます。


2007年10月31日

税務調査

24日・25日と二日にわたり税務調査を受けました。横須賀税務署から遠路お二人でお越しになりました。開業以来5年ですから「おかしくは無い」のですが、まあ、余り気持ちの良いものではありません。

7月の末に初めて連絡をいただき、先日、調査日程が決ったものです。準備期間は十分にあったのですが、私の性格上、ほとんど資料を見直すことも無く、ご覧いただきました。

キャビンの「帳簿」は妻の担当。私はログキット販売と建築です。

妻は几帳面ですから、売上げの裏付資料や必要経費の内訳もばっちりでしたが、私の担当部分を調べ始めた途端・・・お二人共に・・・唖然!!

私は元「公務員」ということもあり、基本的に「ごまかし」はしません。しかし、考え方の違いもあり「修正申告」は・・・恐ろしい物があります!!

お二人の帰ったあと、妻と二人で「来年からは絶対に「帳簿付け」による青色申告控除と専従者控除をとると共に、消費税も本則に従った申告をしようネ!」と硬く誓い合いました!!・・・ふぅ~!!気疲れだぁ~!!

本日、ようやくアドバンスホースパーティのデッキを完成させました。こちらもほっと!

この週末と日曜日はそれぞれお客様が見える予定です。つい先日キャビンのお掃除をしていると電話があり「昨年の今頃お邪魔したUです。土地問題の解決に目処が立ったので、プランの打ち合わせに伺いたいと思います」という内容です。

事務所前の即席プランターに植えてある「コニカ」(以前私は「コロナ」と言っていましたが訂正します)をいただいた東京のUさんでした。メールの記録を調べて見ると丁度去年の今頃お越しになっていました。こちらから「その後ご計画はいかがですか?」などと連絡(営業活動)は一切しませんので(こう言うと、妻から「営業しなさい!」といつも言われますが)、すこし記憶が薄れ掛けていました。
(申し訳ありません!)

美味しいコーヒーをいただきながらゆっくりお話をお聞きしたいと思います。

日曜日は、先月来プランを検討しているMYさんが一級建築士でもある甥子さんとご一緒にお見えになります。現在プランはバージョン5.イロイロなお宅も拝見し「決めたい」と思います。こちらもワクワクです。

最近、「珈琲工房」(いつも美味しいコーヒー豆を作っていただいています)のオーナーのご紹介で東京にお住まいのIさんとFAXでやり取りをしています。小淵沢に土地を求める予定とか。

先日、土地を確認に現地に行かれるということをお聞きしましたので、近くの「富士見」にあるYさんのログの場所をお教えしました。見学後「しっかりした造りで、別荘地によく合いそうです」とFAXをいただきました。これからの展開が楽しみです!!

いつもログキャビンをご利用いただき、那須の荷下ろしには「必ず」参加してくださるMさんファミリー。機会があれば何かお礼をと思っていました。と、そんな折、以前ひょんなことから知り合いになった「東京の不動産屋さんの会長Tさん」が「個人的なご友人の土地を買う人を探している。」と、突然訪ねて見えました。(Tさんはいつも突然にやってきます。以前は「債権整理」の一環で我が家の裏の土地の買い手を見つけてあげました)

たまたま、Mさんが久しぶりに立ち寄られましたので、早速この話をお伝えしたところ、現地を確認後「欲しい」ということになり、現在「売買契約」に向け、お話が進んでいるようです。

Tさんは「森さんのお役に立てれば金額は安くてもいいよ」とおっしゃってくださいましたので、それでは、と、思い切り安くしていただきました。(どうしてこんないい話を私に持ってきてくれるのか?・・・私には解りません?)

私が購入して「普通」の金額で第3者に売れば十分な利益が見込めますが・・・私は不動産業者じゃあない!!ということで、将来、「ログ建築をご希望のMさんをご紹介しました。ご主人は来年「定年」を迎えるとか、・・・「土地購入」が決れば・・ログ建築か?・・ちょっと期待しています。

ささみジャーキーちょうだい!

ささみジャーキーちょうだい!

ごはんまだ~!

ごはんまだ~!

牧草地も未だ青々としています(今朝)

牧草地も未だ青々としています(今朝)

アドバンスのデッキ(本日3時完成)

アドバンスのデッキ(本日3時完成)


2007年10月23日

わくわくの秋です!

このところの朝の気温は10度前後。散歩には手袋が欲しいほどです。でも、真っ青な空にたなびくうすい雲。空気は乾いていて清々しいこの季節はとても好きです。(ゴンも朝の散歩でのボール遊びに力が入ります)

役所時代は「寒々しい」秋は物寂しい気分で好きではありませんでしたが、こちらではこれから冬に向かってイロイロな楽しみがありますので、ワクワク気分です。

新米・キノコ・干し柿・焼き芋・スモーク・・・美味しい食べ物ばかりになってしまいましたが、蜂屋柿の「干し柿」や生ハムは絶品です。

干し柿は皮を剥いて干すだけ、生ハムも低温で1週間ほど煙をかけた後は1ヶ月干して出来上がりです。初めの試食は「未だ早いかな?」などと思いつつ、待ちきれずにいただきますが、熟成していくに随って深い味わいに変っていくこの過程はなんともいえません。自然の力の素晴らしさを実感します。

一方、今年の紅葉はとても綺麗です。例年、私の住まい近くから見る「茶臼岳」は紅葉が目立つほどではありません。が、今年は違います。はっきりと「赤」が認識できるのです。先日、お隣の方が「姥が平」(茶臼岳近くの紅葉スポット)に行ってきましたが、例年に無く綺麗だったそうです。

一昨年はTV撮影の為「行かされ」た姥が平でしたが、今年は是非行ってみたいと思います。皆様も紅葉狩りに是非お越し下さい。

そうそう、道の駅「友愛の森」近くに「エピナール那須」というホテルがありますが、13階にあるレストランからの眺望はお勧めです。先日、昼食をとりながら改めて那須の森の美しさを認識しました。11月中旬にはココから見る紅葉が「最高」だそうです。ちなみに昼食は2800円・3800円・5000円で「予約」が必要です。

収穫が終わった田んぼ

収穫が終わった田んぼ

新調のレインコート

新調のレインコート

アドバンスのデッキ基礎工事

アドバンスのデッキ基礎工事

最後のブルーベリーと初収穫の舞茸

最後のブルーベリーと初収穫の舞茸

横須賀一の喫茶店

横須賀一の喫茶店

アドバンスのデッキあと2日

アドバンスのデッキあと2日

エピナールと茶臼岳

エピナールと茶臼岳

「柴犬?」と聞かれるゴンです。

「柴犬?」と聞かれるゴンです。


2007年10月19日

ほっと一息

今、横須賀の実家から3人(我々夫婦とゴン)で那須の「我が家」へ戻り、ほっとしているところです。一番嬉しそうなのがゴンで、田舎の空気に触れて安心した顔がなんともいえません。

5日間の横須賀滞在中に、懸案だったHPのデザインを親友の娘のNAHOちゃんにお願いしました。家の塗装の打ち合わせや障子張りなどお正月に向けての準備も行いました。

冬に弱いエジプト産のシペラスを株分けし、温室に格納したり、伸びすぎたしきみを大胆にカットしたりと、相変わらず慌しい「里帰り」でした。が、久しぶりにお気に入りの喫茶店で、美味しいカフェオレをいただき、ゆったりとした気分に浸ることが出来ました。

カフェ・コンセーヌというこのお店は、15年ほど前から通い始めたコーヒーショップで、その落ち着いた雰囲気とコーヒーの美味しさは横須賀随一だと思います。

多忙な時期には、仕事帰りに毎日通いました。美味しいコーヒーを飲みながらゆったりとした雰囲気に身を置く事が、どれほど気分転換に役立ったか、結果として、本格的にレギュラーコーヒーに目覚めるきっかけを作ってくれた店でもあります。

15年間全く変らないオーナーご夫妻にもお会いして、ほーっと一息。

最近、ゴンの朝の散歩はほとんど近所の乗馬クラブ「アドバンス・ホースパーティー」です。その日の散歩コースは基本的にはゴンが決めますので、アドバンスはゴンのお気に入りの場所ということがいえます。

7000坪の敷地に入るとすぐにリードを外し、後は自由にさせることがお気に入りの一つの理由でしょうか。二つ目は「お友達」のダーちゃんがいる事。

ダーちゃんはアドバンスの「看板犬」で、飼われはじめて以来の仲良しです。ゴンの数少ない(ダーとお隣のロロの2匹のみ)お友達で、一応、ゴンが「兄貴分」です。

30分から40分ほど遊んだ後は我が家までついて来て、一緒に朝食をとることが日課となっています。一人ではご飯をなかなか食べないゴンにとって、ダーちゃんは食欲増進犬です。

先日、このアドバンスのオーナー渡辺さんから「森さんデッキを直して頂けませんか?」とお話がありました。

基本的に「ログハウス建築以外やりません」が、7年ほど前からの知り合いですし、ご近所ですし、毎日散歩でお世話になっているし、デッキが壊れかけている事は以前より承知していましたし、何よりも渡辺さんを初めとするアドバンスのスタッフ達が最近、クラブの環境整備に一生懸命汗をかいていることに「感じ」、お受けする事にしました。

9日から4日間で古いデッキを撤去し・基礎用の穴掘り(渡辺さんにお願いしました)・ベースコンクリート・束用コンクリート・大引き・根太掛け・デッキ張りと行いました。少し中断しましたが、あと二日で手摺と塗装をして完成させる予定です。



ログキャビン彩 那須 貸別荘
  • オーナーからのご挨拶
  • 貸別荘紹介
  • 料金・ご利用案内
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
空室カレンダー お客様の声 管理人のひとり言

お知らせ

2018年04月4日

ご予約のお受付  7月のご予約をお受付しています。7月21日から31日までB料金になります。8月のお受付は、5月1日からとなります。ご予約お待ちしております。

2017年01月13日

2017年1月より、諸般の事情により「男性のみでのご宿泊」はお受付しておりません。申し訳ございませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

2016年09月3日

お電話でのお問合せで、留守電に「折り返し電話を」とのメッセージを残してくださるお客様、お手数ですが連絡先の番号もお教えください。

2015年09月5日

予約・お問い合わせフォームをお送りいただきましても、その時点ではご予約にはなりません。キャビンからお返事をお送りし、料金その他内容等ご確認後に、正式にご予約を頂ける場合はお客様から「予約依頼」のメールをお送りいただいた時点で正式ご予約となります。予約フォーム送信後24時間たってもキャビンからの返信がない場合は、お問い合わせが未着の場合もございますので、お手数ですがお電話をくださいますようお願いいたします。

2014年08月19日

送迎につきましては、お問い合わせ時にお申し出ください。時期によりましては送迎できないこともあります。また、山荘は事務所より距離がありますので、送迎はできません。山荘付近にはバス停もありませんので、お車以外ではご利用できません。

那須高原の本格ログハウス貸別荘

ログキャビン 彩

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール ご予約・お問い合わせ