管理人のひとり言

管理人のひとり言

日々の出来事を不定期で掲載しています。

2009年07月13日

本日の作業9

11日の土曜日は、電気担当のNZさんも参加して、外部では電柱を立て、加藤さんは3つの外部階段の部材を切り出し、長根尾さんは玄関アプローチの土台製作、内部ではカクワさんが床張りの段取を行いました。また、延び延びになっていた「換気棟」の取り付けに屋根やさんが来ました。

玄関アプローチ

玄関アプローチ

14mの中古電柱

14mの中古電柱

デッキの土台・根太が完成(2.5mx9.5m)

デッキの土台・根太が完成(2.5mx9.5m)

施主支給のエコ給湯器(90Kg以上)を運んだり、デッキ床の一部塗装なども行いました。

昨日12日は「お休み」ですが、前日片付けが出来なかったことが気になり、2時間ほど現場に行きました。片付けとデッキ材の養生、塗装などをして帰ろうかと思っていると「森さんこんにちは!!」とお声が掛かりました。

ご近所にお住まいの施主の娘さん御夫妻です。

「TVボードの材料を物色しに来ました。ちゃんと父には話してありますよ」と。

施主のKAさんからは「ストーブの焚き付け用に「残材」はとっておいて下さい」と、お話がありましたので、部材を梱包していた板材やそれを載せていた「そり材」、切り出したログ材、余った軒裏天井材など一纏めにしています。

それをお教えして適当な物をお持ちいただきました。「それでは」と帰ろうとすると、今度は「横浜ナンバー」の車が止まり、ご夫妻と御挨拶。

KAさんの幼馴染ご夫妻が「見学」に見えました。

せっかくですから、内部をじっくりご覧いただきました。(グッドタイミングでした)

本日13日はカクワさんと私の2人きりの作業となりました。いつも大人数で動いているので、ちょっと寂しい感じです。

カクワさんは追加工事で決めた天井下地(2階根太・・・脱衣所の上部が4mと高いため、2.5mの位置に天井を付けることにしました。本来人が乗る場所ではありませんが、乗っても大丈夫なように50mmx150mmの太い根太を通し上は構造用合板を、下側は天井板を貼ります。無論、点検口も設けます)と、地下(基礎内)点検用開口部下地を行い、私は寝室(1)と居間の床下断熱材(50mmのスタイロフォーム+100mmのグラスウール)を施工しました。

根太と断熱材受け

根太と断熱材受け

スタイロフォーム施工

スタイロフォーム施工

グラスウール充填後防湿シートカバー

グラスウール充填後防湿シートカバー

洗面所上部は立派な「ロフト」になりそうです

洗面所上部は立派な「ロフト」になりそうです


2009年07月10日

本日の作業8

昨日は一日中雨が降ったり止んだり状態。先月22日~作業をはじめ唯一「雨」でした。

しかし、足場撤去が本日にずれ込んだ為、全てのトリムボードを取り付け、更にコーキングを施工しました。また、UBセットに備え、給湯・給水管を用意。床下を全て清掃しました。カクワさんは天井板を完了。天窓周囲も納めました。

今日は昨日とは打って変わった「晴天」。大工のカクワさんは玄関周りの根太処理と玄関ドアの取り付け。加藤さんと東京から駆けつけた長根尾さんは外部デッキ(間口9.5mx奥行き2.5m)の根太受け、柱たて、根太施工を行いました。

私はもっぱら買出しです。

一日遅れで足場を外し周囲がスッキリしました。ユニットバス(TOTOスプリノ1717タイプ)も取り付けました。

明日は南側デッキの続きとエントランスののデッキに着手します。また、14mの電柱を立ててもらい、これにBS/UHFのアンテナを取り付けます。

天窓周囲に天井板を張りました

天窓周囲に天井板を張りました

足場撤去後デッキ工事に着手

足場撤去後デッキ工事に着手

真新しい玄関ドアが付きました

真新しい玄関ドアが付きました

すっきりとした外観になりました

すっきりとした外観になりました

ご無沙汰しているピー子も相変わらず

ご無沙汰しているピー子も相変わらず

ゴンちゃんは写真撮影は「けっこうです

ゴンちゃんは写真撮影は「けっこうです


2009年07月08日

本日の作業7

ちょっとサボると直ぐに1週間近くがたってしまいます。外観が余り変りませんので、つい写真撮影を忘れます。
4日の土曜日は長根尾さんと加藤さん(これまでKさんと表記していましたが、ご本人の承諾を得て実名でご紹介させていただきます)で残っていた天井への断熱材を全て充填し、防湿シートを施工しました。

月曜日には住宅金融公庫(今はなんとか機構?)の中間検査がありました。「申請図面」では断熱材はグラスウール100mmのみですが、実際にはポリスチレンフォーム50mm+GW100mmですから、全く問題ありません。

この日、足場を9日に外すことを決めましたので、それまでに外回りの作業を全て終わらせなくてはなりません。また、ユニットバス(UB)蛾10日にセットされますので、そのための準備も必要です。

その結果、棟梁のカクワさんは、軒裏天井板の見切りの製作と取付を、マサユキさんは建具の水じまいの為の防水テープの施工とトリムボード(建具の周囲に張る飾り板板)の採寸を加藤さんはトイレと玄関用根太の製作・トリムボードの切り出しと塗装を、私は・・・・あれ?何をしていたか??・・・・そうそう、断熱材受けの製作

今日は、カクワさんが2部屋の天井板張り(明日完了予定)、加藤さんはカクワさんが取り付けた見切り板の塗装・南側の軒裏天井板の2回目の塗装。トリムボードの塗装・取り付け。マサユキさんはトリムボードの加工取り付けを行いました。

私は、UBをセットする為の仕組み(UB用窓を固定する為の桟の取り付け、吊り架台を支える台の取り付け、根太の付け替え)と基礎と土台の間の隙間をブチルテープとコーキングで全て埋めました。

明日は足場撤去が1日遅れるため、残ったトリムボードの取り付けと上部コーキング。また、エコ給湯器が納入されます。

コーキングで防水

コーキングで防水

その上に防水テープを施工

その上に防水テープを施工

そしてトリムボードで完成

そしてトリムボードで完成

200907073

200907074

見切りの左右に欠き込みを作り、桟を入れ込んで施工します。(セトリング対応) 破風と鼻隠しの取り合い

見切りの左右に欠き込みを作り、桟を入れ込んで施工します。(セトリング対応) 破風と鼻隠しの取り合い

昨日の外観

昨日の外観

UB設置の為の準備工完了

UB設置の為の準備工完了

タレ壁には仕切り壁を造ります

タレ壁には仕切り壁を造ります


2009年07月03日

本日の作業6

昨日と本日で天井の断熱材の施工が完了しました。大工の棟梁カクワさんはマービンの建具は全て取り付け終わりました。電気屋のNZさんはほぼ配線工事を終え、コンセント・SWの取付を始めました。

私は西側(玄関正面)の第2回目の塗装を完了。マサユキさんは建具周囲の防水加工を丁寧にしています。

明日は南側壁の2回目の塗装と北・東西3方向の軒天取り付け、室内ではカクワさんが天井板の施工を、NZさんが引き続き電気工事を行います。

今日明日は、東京から長根尾さんも駆けつけてくれました。本当に頼もしい「助っ人」です。

月曜日には「中間検査」が行われる予定です。

掃き出しドアも入りました

掃き出しドアも入りました

全ての天井裏に断熱材が入りました

全ての天井裏に断熱材が入りました

玄関ドア以外の建具は完了です

玄関ドア以外の建具は完了です

南側から

南側から


2009年07月01日

本日の作業5

30日は南側の軒裏天井板の取り付け、窓開口部の調整、電気配線工事3室完了。本日は朝から雨でしたが、9時過ぎには上がり、内外の作業を行いました。窓取り付け準備として、T型材の調整、UB用窓枠製作・取り付け、2室断熱材施工を行いました。

天井の断熱材は50mmのポリスチレンフォームと100mmのグラスウールを充填します。垂木の高さが約200mmありますから、50mmの空気流通部(軒先から空気を取り入れそれを棟換気で排出し、熱が天井裏に溜まる事を防ぎます)を確保したうえで、50mmと100mmを入れ、更に防湿シートで覆い(室内から発生する湿気を天井裏に逃がさないようにする・結露の発生を防ぐ為)ます。

これがM&Nの標準仕様です。

明日は断熱材作業と電気工事そして、窓の取り付け工事を行います。天気が良ければ、平行して軒裏天井板も施工します。

南側の軒裏天井板

南側の軒裏天井板

本日の外観

本日の外観

新しく使用した断熱材

新しく使用した断熱材

野地板と断熱材の間に空気層50mm

野地板と断熱材の間に空気層50mm

垂木間に充填

垂木間に充填

その上にグラスウール100mmを施工

その上にグラスウール100mmを施工



ログキャビン彩 那須 貸別荘
  • オーナーからのご挨拶
  • 貸別荘紹介
  • 料金・ご利用案内
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
空室カレンダー お客様の声 管理人のひとり言

お知らせ

2019年10月1日

2020年1月のお受付を開始しました。 1月1日より3日まではC料金となります。暖房費1日1500円かかります。1月13日から2月28日まで、冬季休業となります。

2019年09月13日

冬季休業のお知らせ  山荘は12月1日から3月31日まで休業いたします。1st、2ndは2020年1月13日から2月28日まで休業いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

2017年01月13日

2017年1月より、諸般の事情により「男性のみでのご宿泊」はお受付しておりません。申し訳ございませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

2015年09月5日

予約・お問い合わせフォームをお送りいただきましても、その時点ではご予約にはなりません。キャビンからお返事をお送りし、料金その他内容等ご確認後に、正式にご予約を頂ける場合はお客様から「予約依頼」のメールをお送りいただいた時点で正式ご予約となります。予約フォーム送信後24時間たってもキャビンからの返信がない場合は、お問い合わせが未着の場合もございますので、お手数ですがお電話をくださいますようお願いいたします。

2014年08月19日

送迎につきましては、お問い合わせ時にお申し出ください。時期によりましては送迎できないこともあります。送迎人数様は4名様までとなります。また、山荘は事務所より距離がありますので、送迎はできません。山荘付近にはバス停もありませんので、お車以外ではご利用できません。

那須高原の本格ログハウス貸別荘

ログキャビン 彩

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール ご予約・お問い合わせ