管理人のひとり言

管理人のひとり言

日々の出来事を不定期で掲載しています。

2012年11月07日

起業10年余りを振り返って

本日の天気予報は「快晴」、しかし、3時間ほど前から雨が降り出し、おまけに「雷」まで。

仕方がないので、部屋の片づけをしていると、2002年3月31日付横須賀市の「辞令」が2枚出てきました。
そうです、横須賀市を退職した時の(すなわち私が自営業を始めたときの)2枚の紙切れです。

1枚は「昇給」もう1枚は「退職金額」が記載されています。

当時の私の役職は「主幹」・・・なんだかわかりませんが、中間管理職で、課長未満・係長超えの立場です。
勤続年数は28年。学歴は「高卒」(入所当時「専門学校」は学歴としては認められていませんでした)、在職中に神奈川大学第二法学部法律学科卒業。

その時の退職金額は2500万円余りでした。(自宅のローンや貸別荘建築ローン、それに那須の事務所用地購入のためのローンなどが残っていたため、実際に手にした金額は800万円程度)・・・とても、恵まれていたと思います。

ローンや税金などを支払い、残ったお金で事務所の建築を行い、無一文(とはいっても、1年分の生活費と貸別荘と事務所という資産は持ていました)から始めた自営業でした。

私は50歳、妻は42歳からのスタートです。(この時、一人娘の彩子は高校3年生になったばかりでした)

夫婦2人で那須の自宅を作り上げ(勿論、多くの助っ人がありました)、初めての二人だけの生活のスタートでもありました。
(今にして思えば、娘の彩子に多くの負担や不安を与えてしまったと、反省しています。が、彼女は理解をしてくれ、自身も逞しく成長してくれました。)

全くの「素人」が特段の経営方針も持たず、始めた「手作りログハウスの貸別荘業」と「ログハウスキット販売業」。
多くの元同僚たちは「うまくいくわけないんじゃないの?」なんて思っていたかもしれません。

でも、友人の一人のE氏(高校の同級生で4人しかいない友人の一人。東京都に勤めながら、キャリアアップし、特許庁へ。審査官を経て・・・)は、起業に際し、お祝いとともに「君はきっと成功すると思う」「自分だけでは限界があるから、人を雇って事業を進めるように」と励ましの手紙が・・・・実は、その時は読んでいなかった?・・・先ほど発見。

脱サラは事業開始5年前から決意し、在職中にログハウスに関する知識や建築に関するノウハウ、輸入の実務、貸別荘業のノウハウなどを積み重ねてはいきました。

「建築」に関しては、「建築確認申請」という法律上の事務仕事と「ログハウスを組み立て、内部造作・設備設置」などの実務工事の両方を自身の3棟のログハウス建築を通じて学びました。

また、輸入に関しては、5年間で15棟ほどのログハウスを「個人輸入」という形で全国(「香川県・長野県・山梨県・神奈川県・栃木県・北海道)にお届けしました。

貸別荘は管理を地元の方にお願いし、自身ではHPによる営業で2棟の手作りログハウスを運営しました。

起業以降、地元の一級建築士の方と知り合い、「一級建築士事務所」(M&N FINLAND LOG HOUSE)を開設。(2年後に閉めました・・建築士転居の為)
2009年には建設業許可を取り、本格的に建築工事を請け負うようになり、現在に至っています。

ログハウス販売と建築の仕事は私が、貸別荘業は妻がそれぞれ担当しています。

起業後販売したログハウスは40棟余。(4畳から10畳程度のミニログが10棟ほど含まれます)
それでも、全く売れない年(昨年)があったり、たくさん売れて、多くの税金で苦労したことも。

貸別荘業も年間売上650万円から750万円(稼働日数各棟約100日程度)で推移し、安定財源として重要なポジションを占めています。
(可処分所得としては350万円から450万円程度です・・・念のため)

夫婦ともフルタイムの忙しいサラリーマンでしたから、那須での「田舎暮らし」はとても魅力的です。(忙しい時期(夏休みなど)は別にして、のんびりした生活が基本です)

これまでは横須賀の自宅に母が暮らしていたため、月1回の帰宅(約5日間)と、維持費がかかりましたが、昨年末から母も一緒に那須で暮らすようになりましたので、少し負担(時間も費用も)が減りました。

また、本年1月より「共済年金約109万円」が出ていますが、こちらは老後の蓄えに回しています。

以上、「片づけ」から脱サラ10年の「現状報告」になりましたが、脱サラを検討している皆さん!!

「衣食住」「隙間産業」「田舎暮らし」「自分らしさ」をキーワードとした脱サラおじさんも居るということを参考にしてください!!

これを書き終えたところで、「快晴」になりました。・・・これからお客様の対応と草取りを行います。


2012年11月01日

秋も深まってきました

朝のゴンとの散歩にマスクと手袋が欠かせなくなってきました。

アドバンスホースパーティーの池にも例年のごとくカモがやって来ました。(現在5羽。最盛期?は20羽ほど飛来します)

我が家の蜂谷ガキが大分色づきました。苗を植え付けてから6年余り、約80個の大きな実がなっています。

コナラやミズナラの実(どんぐり)が我が家の屋根に落ち始め、その音が切れ目なく続いています。

さくらやブルーベリーの紅葉が始まりました。

日の出が遅く、日の入りが早くなりました。

我が家のペット、ゴン・ピーコ・モモの食欲が旺盛です。

美味しい新米が食卓に上ります。

貸別荘のお客様が少なくなってきました。

こんなことを通して、秋の深まりを感じている今日この頃です。

さて、那須塩原市のKA様邸は床張りをほぼ終了しました。これから仕切り壁を構成し、電気配線の後、仕切り壁板(ログパネル)
を施工します。その後、換気扇・便器・洗面化粧台・システムキッチンを設置。室内ドアを取り付けて完成を目指します。

那須町の広谷地近くの別荘地で基礎工事中のMA様邸。
地盤改良工事(表層改良)・砕石敷き詰め・防湿シート敷き・配筋・止水版取付が完了し、明日午前中にベースコンクリート
を打設します。

仮設電気も明日工事を行います。TVアンテナ設置用の電柱(L=12m)の設置も月曜日に予定しています。

6年前に完成引き渡したMA様邸の脇に30㎡ほどのガレージをログハウスで建てていただきますが、こちらの基礎工事も
コンクリート打設が完了し、ログの到着を待つばかりとなりました。

そのログハウスキットは昨日、40fコンテナ(H/C)2本に詰め込まれ、KOTKA(フィンランドの港)に向け出発しました。
明日、日本郵船の本船に積み込み予定です。未だ運航スケジュールが出ていませんので東京港到着予定は分かりませんが、
出航は1週間余り遅れています。(まあ、この程度の遅れは、外国との取引では仕方ありません)

12月中旬には是非・是非着工したい!!・・・暖冬であることを心から祈っております!

10月20日のMA様邸現場

10月20日のMA様邸現場

10月30日配筋(φ13mm200メッシュ)

10月30日配筋(φ13mm200メッシュ)

配筋完了(主筋φ16mm)止水版施工

配筋完了(主筋φ16mm)止水版施工

ストーブは必需品です

ストーブは必需品です

「早く、ご飯頂戴!!」 

「早く、ご飯頂戴!!」 

たわわに実った「蜂谷ガキ」(干し柿用)

たわわに実った「蜂谷ガキ」(干し柿用)

あー今日も「食った・食った!」のピーコです

あー今日も「食った・食った!」のピーコです


2012年10月19日

ゆとりの日々です

10月10日から12日までローブッシュベリー畑の改修及びローブッシュとクランベリーの移植作業を行いました。

両者ともに植え付けてから7年を経過し、木自体に勢いがなくなった事と酸性土壌を好むスギナがはびこり、抜いても抜いてもきりがない状況
になったため、思い切って畑づくりからやり直しました。

先ず、ローブッシュベリー畑の周囲木枠(4mx3m)で傷んだ箇所を交換し、ついで15本のローブッシュベリーをすべて引き抜きました。勢いがある根付きの
若い木を選別。

畑の土を平らにならし、防草シートを敷き詰め、ここに用土(小粒の赤玉土30袋、細粒鹿沼土20袋、黒土10袋、ピートモス100L、堆肥50Lを混ぜたもの)を投入しました。

一方、クランベリー畑も「スミレ」と「スギナ」と「草」が幅を利かせた状態。全てを根こそぎ引き抜き、クランベリーだけを選び出しました。

とりあえず、整備した畑に選別した両者を植えうけました。

野菜畑に「とりあえず」植えておいた「さつき」が邪魔になったので掘り起し植え替えました。・・・5年放置してあったので、根が張っていて重労働でした。

16日から3日間かけて、3つの貸別荘の5台のエアコンを全て交換していただきました。
ログハウスの建築でいつもお世話になっている木沢電設の木沢さん親子です。

私は、立会いですが、お茶出しと、ただ見ているのは「もったいない」と、日ごろ気になっていた周囲の木々の枝払いを行いました。
また、2ndの止水栓を「水抜き止水栓」に外水栓を「水抜き水栓柱」にそれぞれ交換しました。これで、冬場の水抜き作業が楽になります。

MA様のログハウスは来週中にフィンランドを出ることが判りました。建築確認通知が未だ届いていませんが、造成工事は先行して行っています。
ガレージ用の基礎工事は立ち上がり部の型枠まで終わっています。

12月10日前後の着工を目途に工事を進めます。

のんびりムードのゴンともも

のんびりムードのゴンともも

色鮮やかな「タマゴタケ」(食用です)

色鮮やかな「タマゴタケ」(食用です)

お隣の奥さんから頂いた「ポポー」の実

お隣の奥さんから頂いた「ポポー」の実

那須塩原市のKA様邸、現在天井張り中

那須塩原市のKA様邸、現在天井張り中

12月着工予定のMA様邸敷地(約250坪)

12月着工予定のMA様邸敷地(約250坪)

天高く「鳶」肥ゆる秋

天高く「鳶」肥ゆる秋


2012年10月01日

ほっとしました!!

昨日は台風17号の通過で、風・雨共に強かった那須ですが、何事もなく過ごせてほっとしています。

何よりも、鳶のピーコが心配でした。

昨日、午後6時前に夕食を食べに来ましたが、あたりはもう暗くピーコが飛べるぎりぎりの明るさでした。
台風の接近に備えて、「捕獲」し鶏小屋で一晩を過ごさせるか、とても迷いましたが、「自力」で耐えさせることにしました。
(ピーコは野生の鳶ですが、これまでに3回、強風で止まっていた木から地上に落下した「過去」「実績」があります)

豚肉80gを平らげ、「たぶん、強風にも耐えられる体力はある」と、判断したのです。餌を毎日食べに来るとは言え、やはり「野生」。過保護は本人にとって好ましくないとの決断です。
(過去3回の落下の際は、運よく、落ちて間もなく私が捜索・発見して鶏小屋で一晩過ごさせています)

特に被害もなく晴天で明けた今日。(実は黒磯の現場では、仮設電源の引き込み線が倒木により切断され、東電や電気屋さんに連絡したり、現場確認に行ったりとバタバタしました)

朝から夕方5時までピーコは姿を現しませんでした。最近、5時過ぎの寝る直前が「夕食」と決めているようなので、そう、心配はしていませんでしたが、周囲のがさやぶの見回りは行いました(念のため、羽が散乱していないか)。

5時半を過ぎ、あたりが暗くなる頃、自宅前の電線にいつもの通りピーコはやって来ました。

呼ぶと、直ぐに看板(商売用看板の上部がエサ台代わりになっています)にやって来て、ピーピー言いながら、80gの豚のこま切れ肉を平らげました。特にけがをした様子もなく。「ほっとしました」

一人娘の彩子も台風の影響で電車が止まったため、品川で「足止め」だと聞いていましたが、何度かのメールのやり取りで、午前1時に自宅に戻れた事を確認。・・・こちらも「ほっと」しました。

今日から10月。ログキャビン彩の寝具を「冬バージョン」に切り替えました。
布団12組をすべて入れ替えました。全て「日本製」です。

3棟のエアコンも5台全て交換することにしました。全てシャープ製にしました。(勿論、省エネタイプです)

中国なしでは生活できない世の中になっていますが、少し高くても、日本の企業を応援したいと思っています。


2012年09月21日

ちょっとひと段落です!!

黒磯のKA様邸は16日から18日の3日間で屋根工事と軒裏天井板工事を同時に行いました。

屋根の工事は換気棟の取り付けと、破風・鼻隠しをガリバリウム鋼板でカバーする工事が残っていますが、後一日で終わる予定です。

軒天は、妻壁上部は終了し、桁側が始まりました。このところ、雨が降ったりやんだりの日々で、外仕事はなかなか進みません。

内部では、垂木間に断熱材を取り付けています。三部屋は終了し、あと少しで完了です。断熱材は50mm厚のスタイロフォームと100mmのグラスウールを併用し、150mm厚になります。(これが私の標準仕様です)

昨日、ユニットバスを取り付けました。これで、床張りも可能になりました。

KA邸はハーフセルフビルド。私はログハウスキット販売と「荷下ろし」「仕分け」「ログ組」「屋根工事」「建具取付」工事を担当しています。

しかし、KAさんは女性ですし、これまでにログハウスを建築した経験はありませんから「じゃあこれで」というわけにはいきません。
マニュアルではなく、現場で、各所の工事方法や電動工具の使用方法をお教えしながら進めています。

これまでに、インパクトドライバー、丸鋸、スライド丸鋸、エアー釘打ち機、タッカーなど初めて扱う道具の使い方をマスターし、実践しています。

「自分でやる」という強い意志があれば、女性一人(と言っても、私の仲間が応援に出向いています)でも、セルフビルドは可能です。

屋根工事の最中、軒天を張るKAさん

屋根工事の最中、軒天を張るKAさん

本日の作業。助っ人3人と電気屋さん

本日の作業。助っ人3人と電気屋さん

初物のサンマ「美味しかったです!!」

初物のサンマ「美味しかったです!!」

穏やかな「顔」でしょう?

穏やかな「顔」でしょう?

柴犬「ゴンちゃん」もますます元気です!!

柴犬「ゴンちゃん」もますます元気です!!



ログキャビン彩 那須 貸別荘
  • オーナーからのご挨拶
  • 貸別荘紹介
  • 料金・ご利用案内
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
空室カレンダー お客様の声 管理人のひとり言

お知らせ

2021年02月19日

「山荘」5月の予約受付開始日、変更のお知らせ。          「山荘」は3月より改装工事を致します。それに伴い「山荘」の5月の宿泊予約は4月1日からとさせて頂きます。(尚、「1st」「2nd」の5月宿泊予約は通常どおり3月1日0時(お電話は9時)より開始いたします。)※工事の状況によりまして、ご予約の受付開始日が変更になる場合がございますのでご了承願います。その際は「お知らせ」にて告知致します。  皆様のご利用をお待ちしております。

2021年01月31日

2月1日0時(お電話は9時)より、4月のご予約を開始いたします。コロナ感染状況をふまえ、ご利用人数は最大、大人4名様までとなります。なお、GOTOの参加はしておりませんので、再開されても割引きなどはございませんので、ご了承願います。皆様のご利用をお待ちしております。

2020年12月30日

コロナ禍における営業内容一部変更のお知らせ  ①予約開始時期について・・ご予約受付は、予約月の2か月前の1日0時からお受付いたします(お電話は朝9時)4月のご予約は2月1日0時からとなります。 ②現時点(1月6日)での、コロナ感染拡大、近隣県の緊急事態宣言を鑑み、2021年3月は営業自粛いたします。今後の状況により、営業を再開する場合はHPにてお知らせいたします。③ご利用人数について・・1st、2nd、山荘とも、最大人数を大人4名様までとさせていただきます。(小学生までのお子様を含む場合は、1st。山荘は6名様までご利用いただけます) ④送迎について・・感染防止の為、送迎はしておりません。(バスでお越しの場合は最寄りのバス停まで送迎しますので、ご予約時にお申し出ください) コロナ収束の兆しが見えた場合は、内容を変更いたします。変更の場合は、HPにてお知らせいたします。お客様には、ご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

2020年10月12日

冬季休業のお知らせ         「山荘」は2020年12月1日より、2021年4月28日までお休みさせていただきます。「1st、2nd」は2021年1月4日から2月末までお休みさせていただきます。

2020年08月15日

GOTOキャンペーンについてのお知らせ   「 ログキャビン彩」はGOTOキャンペーンには参加しておりません。ご利用料金の割引きも、クーポンもありませんが、お越しいただけるお客様には、感染防止に努め、精一杯の真心でお迎えさせていただきます。

那須高原の本格ログハウス貸別荘

ログキャビン 彩

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール ご予約・お問い合わせ