管理人のひとり言

管理人のひとり言

日々の出来事を不定期で掲載しています。

2012年05月26日

継続中です!!

S様邸は17日に栃木県建築部の主事による検査が行われました。私も設計士と一緒に立ち会いましたが、30分ほどで無事終了しました。
Sさんご夫妻の要望で、納戸に棚を、リビングにカウンターを取り付ける工事を18日・19日の2日間行い、すべての工事(太陽光パネル設置工事は別途)を終了し、20日に引き渡しました。

「検査済証」も受領し、「住宅瑕疵担保責任保険」の申請を行い、施主に済証をお届けしました。

21日からは10畳のミニログの基礎工事が始まりました。このミニログ、もともとは横須賀のAさんの注文で保管していた物ですが、Aさんの事情で、別の方に販売することになりました。

購入者のSさんは、親族の方が那須にご自宅をお持ちですが、敷地内にご自分の「住処」を確保すべく、ミニログ販売業者を探していたようで、ご縁があったようです。
すぐに話が決まり、Sさんの工事終了を待って、基礎工事に着手したものです。

基礎工事は高久工業さんにお願いしていますが、浄化槽と蒸散装置は施主が行い、私はアドバイスを行う立場で工事に参加しています。
本日現在、本体基礎のコンクリート打設は完了。テラスベースコンクリート打設。浄化槽設置完了・山砂による埋戻し完了という状況です。

蒸散装置は塩ビ管(VU100)を使用して本日、制作しました。

28日までにはほぼ完了し、月末までにログハウスキットを搬入します。Sさんのご希望で、通常キットには含まれない、ルーフィング・断熱材・塗料・給排水資材・水切りなどを一緒に納入予定です。

昨日、那須塩原市で8月末に着工予定のKさんと「ログハウスキット売買契約」を締結しました。

S邸建設中に何度か打ちわせを行い、図面も数回書き換えましたが、成約となりました。今後は、設計士に「確認申請」を依頼し、確認済み後、7月には基礎工事に着手します。

このような状況ですから、自宅脇の母用はなれの工事は全く進んでいません。・・・言い訳だけでは前に進みませんので「6月中竣工」を目指して頑張ります!!


2012年05月15日

ついに完成です!!

2月25日の荷下ろしから2か月半。S様邸ログハウスが完成しました!!
基礎工事は11月中旬に着手しましたので、それから半年。

全ての工事が終わったのが5月13日日曜日午後8時。その時、私は横須賀の自宅から那須に向かう車の運転中でした。

午後7時半に電話で大工の棟梁カクワさんに現場の状況を聞いたところ「今、廻縁が終わり、片づけて8時までには完了します」と。

翌日の朝、カクワさんと現場で状況を確認しました。通常ですと「ハウスクリーニング」をして完了なのですが、施主(の奥様)の「掃除は私がします」とのお申し出を素直にお受けし、これで、完了となりました。

S様邸完成に際してはとても感慨深いものがあります。

そもそも私がSさんご夫妻のご自宅をログハウスで建築することになることはありえない事でした。

というのも、以前の建物は新築して10年も経っていないものでした。

たまたま、3年前に一軒隣りにお住いのご両親のログハウスを手掛けたことから、Sさんご夫妻とは面識はあり、冗談で「次に建てるとしたらログハウス」などと話はしていました。

未だ新しい家で増築もされたばかりでしたので、私が生きている間に「ログハウス建築」などあるはずがなかったのです。

ところがあの震災で「半壊」。

補強・補修して住むことも可能だったのかも分かりませんが、「あの思いは二度としたくない」と建て替えを決断されたのです。

ご自宅が半壊したり、ご近所の在来住宅がかなりのダメージを受ける一方、ご両親のログハウスは「無傷」。
また、地震以降、ご両親のログに避難住まいしていて、感じるログハウスの心地よさ。

強さと住みやすさを実感されたお二人は「建て替えるならログハウス」という結論に至るまでそう時間はかからなかったそうです。

昨年、3月27日に初めての打ちわせを行いその後数十時間の検討を経て、9月に契約。しかし、地盤調査の結果、地盤改良が必要と判り、柱状改良(直径60cm、深さ5.5mで41本)を実施。

基礎工事は12月中旬に完了しました。

お二人の思いがいっぱい詰まったログハウスですから「できる事は自分たちで行いたい」「参加できる作業にはぜひ参加したい」との思いも強く、雪の中での荷下ろし・仕分け作業に始まり、断熱テープ張り、軒天・トリムボード塗装、トリムボード取付、デッキ床張り、室内床塗装、ストーブ置場煉瓦張り、玄関タイル張りと大活躍のお二人でした。(玄関タイルはこれから)

ほぼ毎日、お会いしていましたので、細部にわたる打ち合わせが可能で、その出来栄えには「大満足」のお二人。(娘さんの「はなちゃん」も大満足?)

完成間近のある日、ご主人が「森さん、本当に満足のいく家です。普通、家は3回建てないと満足は得られないと言いますが、私は2回目大満足です」という言葉がとても印象的でした。

私も大満足です!!(疲れもすっ飛びます!!)

多くの仲間に支えられ、また一つ大きな実績が積み重ねられました。

この場をお借りして、皆様に感謝申し上げます。

基礎工事などを担当した(有)高久工業さん、地質調査・地盤改良の(株)サムシングさん、大工の棟梁カクワさん、木澤電設さん、高久冷暖さん、足場の共和建商さん、平野板金さん、そして、いつも協力してくれるシルバーログビルダーの仲間たち長根尾さん、加藤さん、正能さん、工藤さんそして、工事期間中ずーとお茶菓子の準備をしてくれた私の妻。皆さん!本当にありがとうございました!!

延べ床面積55坪のS様邸

延べ床面積55坪のS様邸

総2階建てで棟の高さは8m

総2階建てで棟の高さは8m

さて、本日5月15日は私たち夫婦の29回目の結婚記念日と娘の彩子の28回目の誕生日です。
横須賀・横浜・那須と3人ともばらばらの記念日となりましたが、メールでやり取りをしてお互いの記念日を祝いあいました。

来年は是非一緒に祝いたいものです。


2012年05月04日

もう少しです!!

S様邸の状況は、浄化槽設置工事・給排水工事が完了しUB・システムキッチン・便器・ドレッサーなどの設備も食洗機とIHクッキングヒーターを除き設置しました。

電気配線工事も大詰めを迎え、大工さんと電気屋さんのコンビネーション作業が続いています。

電気屋さんが床から配線を取り出すと、大工さんがそこに仕切り壁の骨組みを2X4で作ります。更に片面にログパネルを張ると、次に電気屋さんがSWやコンセントなどの器具をつけ、それが終わると大工さんがもう一方のログパネルを張って仕切り壁を完成させます。

本日、2階水回りの仕切り壁・1階のパントリー・玄関収納・階段下収納(UBやトイレの壁は先日完了しています)の仕切り壁を手掛け、配線工事が終わり次第完了します。

今後の工事は、室内ドア7箇所の取り付け、2階巾木取付、1階廻縁・巾木取付、階段手すり、2階手すり取付です。外部は玄関の階段設置、勝手口デッキ制作、メインデッキ階段制作など残すのみ。

私としては12日には「完成」したいと思っています。

施主のSさんご夫妻は「ログ建築工事の中で、自分たちでできる事は参加したい」というご希望をお持ちでしたのでこれまでに、荷下ろし・仕分け作業・断熱テープ張り・室内塗装・デッキ板張りと活躍されています。

特に奥様はキシラデコール16L缶3缶分を塗り、現在4缶目、また、室内用ニス16L缶2缶完了間近(室内床は4回塗りです)の大活躍です。

明日は大工の棟梁カクワさんは田植えでお休み。私も貸別荘の掃除とTV交換及び次の契約に向けた打ち合わせでお休み、電気屋さんもそれに合わせてお休みです。

でも、施主ご夫妻はメインデッキの塗装(奥様)と床張り(ご主人)、更に室内の4回目のニス塗装(奥様)で頑張ります!!

玄関のデッキは床張り完了。

玄関のデッキは床張り完了。

メインデッキは間口11mx奥行3mと大物です

メインデッキは間口11mx奥行3mと大物です

最高高さ8mですから、軒は1.3mにしました。

最高高さ8mですから、軒は1.3mにしました。

窓も多くとり、明るい室内が実現しました。

窓も多くとり、明るい室内が実現しました。


2012年04月17日

完成はいつ?

S邸の工事は佳境を迎えています。先週中に2階は巾木と洗面室の仕切り壁を残すのみとなりました。昨日から1階の天井張りが始まり、明日には完了します。

施主の奥様はこれまでもログの断熱テープ貼りや軒裏天井板・トリムボードの塗装で大活躍されていますが、今回は2階の床約80㎡の塗装を今日までで3回完了しました。(1回目は夜間に施主が施工されたそうです)

今週中に水回り部の床張りを終え、仕切り壁を構成し、25日から始まる給排水工事に備えます。大工の棟梁カクワさんには効率よく作業していただける様、部材の切り出しは私の仕事です。

23日に足場を外し、玄関周りの階段コンクリート打設工事、デッキ骨組み工事などを造作工事と並行して行い、早期の竣工を目指します!!

とは言え、目標だった連休前の引渡は困難な状況です。

私は貸別荘業の手伝いもしなくてはならず、棟梁も「田植え」が控えていて・・・さて、完成・引渡は・・・なるべく早く終わるよう、全力で頑張ります!!

そうそう、本日、「住宅瑕疵担保責任保険」の後期検査がありました。ログハウスの検査は大変珍しいそうで、じっくり見て行かれました。

屋根を張り終えたS様邸西側外観(天窓2か所・煙突)

屋根を張り終えたS様邸西側外観(天窓2か所・煙突)

北東から (白いドアは勝手口)

北東から (白いドアは勝手口)

南側から(こちらの白色は玄関ドア)(天窓1か所)

南側から(こちらの白色は玄関ドア)(天窓1か所)

2回目の塗装を終えた2階 (S様邸)

2回目の塗装を終えた2階 (S様邸)

昨日実施のK様邸」地質調査(良い地盤でした)

昨日実施のK様邸」地質調査(良い地盤でした)

日曜ごとの我が家のはなれ(長根尾さんにお世話になっています)

日曜ごとの我が家のはなれ(長根尾さんにお世話になっています)


2012年04月05日

ご無沙汰しています!!

1月以上もHPの更新をせずに申し訳ありません!!

S邸ログハウスの建築は順調?に進んでいます。今日現在で、室内は断熱材充填完了。2Fの天井板張り完了。床張りは40%終了。屋外は全てのドアと窓の取り付け完了。
トリムボード(飾り板)ほぼ完了。外壁塗装2回塗り完了。天窓3か所取り付け完了。屋根張り80%完了。軒裏天井板ほぼ完了。電気配線工事70%完了。

明日には屋根工事が完了予定です。屋根屋さんが忙しく、なかなか工事が始まりませんでしたが、始めて見れば4日ほどで180㎡の屋根を葺き終りです。

これで、何の心配もなく室内工事が進められます。

S邸に続きK邸がほぼ決定しました。16日には建設予定地の地盤調査を行います。(7月着工予定)

また、11月にM邸の建築が始まります。先日、プランの打ちわせを行い、明後日には建設敷地で施主立会いの下、建物位置を確認したいと思います。

おかげさまで、明年2月まで建築工事が続きそうです。

延べ床面積55坪のS邸:西側から(2012年4月4日撮影)

延べ床面積55坪のS邸:西側から(2012年4月4日撮影)

南側から(2012年4月4日撮影)

南側から(2012年4月4日撮影)



ログキャビン彩 那須 貸別荘
  • オーナーからのご挨拶
  • 貸別荘紹介
  • 料金・ご利用案内
  • アクセス
  • ご予約・お問い合わせ
空室カレンダー お客様の声 管理人のひとり言

お知らせ

2019年02月16日

8月のご予約は、5月1日0時からお受付しております。お電話でのお受付は1日9時以降になります。

2017年01月13日

2017年1月より、諸般の事情により「男性のみでのご宿泊」はお受付しておりません。申し訳ございませんが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

2015年09月5日

予約・お問い合わせフォームをお送りいただきましても、その時点ではご予約にはなりません。キャビンからお返事をお送りし、料金その他内容等ご確認後に、正式にご予約を頂ける場合はお客様から「予約依頼」のメールをお送りいただいた時点で正式ご予約となります。予約フォーム送信後24時間たってもキャビンからの返信がない場合は、お問い合わせが未着の場合もございますので、お手数ですがお電話をくださいますようお願いいたします。

2014年08月19日

送迎につきましては、お問い合わせ時にお申し出ください。時期によりましては送迎できないこともあります。送迎人数様は4名様までとなります。また、山荘は事務所より距離がありますので、送迎はできません。山荘付近にはバス停もありませんので、お車以外ではご利用できません。

2014年06月19日

ペット同伴について、ご協力をお守りいただけない事が多くなってきており、備品などの被害も多発しております。申し訳ありませんが、当分の間全棟ペットの同伴を中止させていただきます。リピーター様の同伴は個別にご相談ください。

那須高原の本格ログハウス貸別荘

ログキャビン 彩

〒325-0304

栃木県那須郡那須町高久甲5577-1

お電話・メール ご予約・お問い合わせ